「俺のこと好き?」はNGだった!?女性が嫌う重い男の特徴7つ

好きな女性や彼女ができた際、一生懸命尽くそうと努力する男性は多いでしょう。大抵の女性は尽くされることに喜びや幸せが芽生え、”愛されている”と実感します。しかし、行き過ぎた愛情は精神的な負担となり、場合によっては「重い」と思われてしまうかもしれません。今回は「女性が嫌う重い男の特徴」を7つご紹介します。

あなたは大丈夫? 重い男に共通する7つの特徴とは

LINEは即レス…彼女に依存する男性の特徴8つ

自分が重い男であることに気づいていない男性は少なくありません。しかし、以下の7つの特徴に該当するものが多ければ多いほど、重い男である可能性があります。

では、重い男の特徴とは一体どんなものなのでしょうか。早速ご紹介していきます。

嫉妬深い

重い男性は人一倍嫉妬深い傾向があります。彼女が他の男性と話しているだけでもイライラしたり、必要以上に気になったりすることが多いです。また、嫉妬深さから自分以外の男性の連絡先を消去させるなど、行動を制限する人も少なくありません。

嫉妬深さの背景には「誰かに取られたらどうしよう」「気持ちが離れるのではないか」などの強い不安があると考えられます。しかし、あまりにも嫉妬深いと女性は「面倒くさい」「疲れる」と感じ、結果的に重いと思われてしまうのです。

依存気質

嫉妬深さは、ときとして”依存”に繋がることがあります。重い男性は恋愛をすると1人の女性に固執しすぎてしまうため、依存気質であるといえます。依存しすぎると常に不安や心配事が頭の中を支配し、自分自身が苦しくなります。

また、女性も不自由さや窮屈さを感じるため、心身共に疲弊してしまいます。そして、女性は重いと感じ、次第に心が離れていくのです。そのため、たとえ交際に発展したとしても、長く続きにくいでしょう。

過度な愛情表現をする

恋人に対して愛情表現をすることはとても大切です。一方で、重い男性は好きすぎるあまり、過度に愛情表現をする傾向があります。過度な愛情表現とは、女性が「しつこい」「面倒くさい」などと感じるくらいのものです。

「好き」や「愛してる」が1日に何十回ともなると、「しつこい」と感じる女性は多いでしょう。女性の気持ちや反応を無視して言い続けると次第に負担となり、重いと思われる可能性があります。

ネガティブ思考

重い男性の中にはネガティブ思考の人が多いです。不安や恐怖心などを抱きやすいため、ネガティブな考えばかりが頭に浮かんできます。たとえば、彼女が他の男性と話しているときに抱く嫉妬心もネガティブ思考が原因だと考えられます。

誰しも落ち込んだり悲しくなったりすることはありますが、ネガティブすぎると女性は重いと感じます。

なぜなら、一緒にいるだけで精神が削られ、疲れるからです。最初の内は女性も真摯に対応するかもしれませんが、次第に離れていくでしょう。

すぐに感情的になる

重い男性はそのときに感じた怒りや悲しみを堪えられず、すぐに感情的になる傾向があります。すぐに感情的になるということは、自分のことしか考えていないとも取れます。そのため、言い合いや喧嘩に発展しやすいでしょう。

しかし、何度も同じ状況が起こると、女性は「面倒くさい」と感じてしまいます。また、言い合いや喧嘩は多大なエネルギーを使うため、お互いに疲れます。特に重い男性は嫉妬心や独占欲が強いため、女性は付き合いきれなくなってしまうのです。

自分に自信がない

重い男性の嫉妬深さや依存気質には、自信のなさが関係しています。自分に自信があれば嫉妬深くなったり依存したりすることはないでしょう。なぜなら、「自分は自分、他人は他人」と線引きをし、精神的に自立できるからです。

一方で、自信がないと嫉妬心や依存、ネガティブ思考などが生じやすくなります。「どうせ俺のことなんて……」と自信のなさを出しすぎると、女性は重たく感じてしまいます。

「俺のこと好き ?」と何度も確認する

重い男性は過度な愛情表現をする一方で、「俺のこと好き ?」と何度も確認する傾向があります。愛情確認をするのはそれだけ愛している証拠です。

しかし、あまりにも頻度が多すぎると女性はうんざりし、「しつこい !」と叫びたくなることも。時々であれば良いかもしれませんが、頻度には注意が必要です。

これをきっかけに重い男を卒業しよう !

今回は「女性が嫌う重い男の特徴」を7つご紹介しました。重い男を卒業するためには、”心の余裕”が必要です。心に余裕がないと重い男になるだけではなく、恋愛自体を楽しむことができなくなります。

まずは自分と向き合い心に余裕を持ち、重い男を卒業しましょう。そうすれば、彼女と良好な関係を築き、ずっと仲良しでいられるはずです。

Written by 逢坂汐里

逢坂汐里の他の記事を読む