憧れの存在♡「おばさん」に見られない女性の3つの特徴

年齢を重ねても「おばさん」に見られない女性っていますよね。彼女たちは普通の女性と何が違うのでしょうか?

今回は「おばさん」に見られない女性の特徴を解説します。自分に当てはまるものがないかチェックしてみてくださいね!

「おばさん」に見られない女性の特徴

自分の合う服装やメイクをする

自分の合う服装やメイクをする

年齢を重ねてもおばさんに見られない女性は「自分の年齢を受け入れる」という特徴があります。

年齢に抗い、若く見せるために年齢に合っていないファッションやメイクをすると、「若作りしている人」に見られてしまうためおばさん感が出てしまうのです。 

それよりも、年齢を受け入れ、今の自分に合うファッションやメイクをする方が、その年齢の自分を美しく見せることができます。

それにより「おばさん」ではなく「大人の女性」の印象を与えることができるのです。

時代に合わせて考え方が変化する

おばさんに見られてしまうポイントは見た目だけではありません。考え方などの内面も大きく関わってきます。

年齢を重ねてもおばさんに見られない女性は、時代に合わせて考え方が変化する柔軟性があります。

誰だってつい「私が若かった頃はこうだった」「○○年前はこれが普通だった」と過去と現在を比較してしまうことはありますよね。しかし、それでは 若い人たちに年齢を感じさせてしまう原因に。

「今はこういうのが流行っているのね……」「こういう考え方もあるんだ……」と今の時代を受け入れる方が若々しく見られるし、自分自身も楽しめるでしょう。

尊敬されるポイントがある

年齢を重ねてもおばさんに見られない女性は、若い人たちから尊敬されるポイントがあることが多いです。

職場で部下や後輩が悩んでいる時に助けることができる、 困った時にすぐに相談できる存在になっているなど、頼りにされる年上女性は尊敬されやすく、若い人たちから慕われる存在ですよね。

「尊敬される」=「憧れの人」というイメージなので、「おばさん」の印象には見られないのです。

【エピソード】若い人から見た年齢を感じさせない女性とは……?

【エピソード】若い人から見た年齢を感じさせない女性とは……?

・「職場にいる30代後半の女性は年齢が全く感じられません。いつも笑顔でいきいきとしていて仕事を楽しんでいる姿に憧れます。30代後半ってもう「おばさん」というイメージだったのに、そのイメージがガラッと変わりました。」(22歳/女性/販売員)

・「いつも仕事で困ったことがあると助けてくれる先輩は、40代後半なのに全くおばさん感がありません。 話し方も優しくて穏やかな女性なので、話しかけやすく親しみやすい存在なのがおばさん感が感じられない理由なのかもしれません。こういう女性になりたいと思いました。」(27歳/女性/会社員)

年齢にとらわれず、自分を楽しんでいたり、親しみやすさがある人は「おばさん」ではなく「大人の女性」に感じられる要因なのかもしれませんね。

おわりに

「おばさん」に見られない女性の特徴を解説しました。憧れの存在でいられる大人の女性って素敵ですよね。

「おばさん」ではなく「大人の女性」でいたい! という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む