え、可愛すぎ! 彼女に言われて嬉しいワガママ3つ

皆さんも恋愛をしていると一度は「自分はわがままじゃないかな?」と不安になったことはあるのではないでしょうか?実際に男性は彼女のわがままに対して面倒くさく感じることもあれば可愛くてキュンとすることもあるものなので、そこの駆け引きは難しいところですよね。

ということで、今回の記事では男性が彼女に言われて思わず嬉しくなるわがままと、迷惑に感じてしまうワガママの両方をご紹介していこうと思います。この記事を通してあなたの言っていることがどちらのわがままに当てはまるのかも同時に確認してみてくださいね。

彼女に言われて嬉しいワガママ

◯◯行きたい! 食べたい! というワガママ

飽きられない女性の特徴

男性というのは女性が思う以上に面倒くさがりな生き物なんですよねなのでデートの予定などを立てるのもマメな人でなければ面倒だと思ってしまうもの。その上どこに連れていけばいいのか、何を食べたいのかを考えるのも結構苦手なのです。

なので、彼女側から「◯◯に行きたい!」「◯◯を食べたい!」と言われると「仕方ないなぁ」なんて口では言っても心の中では実は嬉しかったりします。

関西に住んでいるのにいきなり「北海道に行きたい」とか「キャビアをたらふく食べたい」なんて極端なワガママではない限りは男性にとって嬉しいワガママでしょう。

急に会いたい! というワガママ

会いたいなんて言ったら迷惑かな? なんて考えている女性の皆さん、実際はそんなこともないものですよ。男性は彼女に会いたいと言われると会いたいと思われうほど愛されているんだなと嬉しいものですし、ワガママと言うよりむしろご褒美だと思っている男性も多いくらいです。

そして、ここで大事なのは会いたい理由。「嫌なことがあって相談に乗って欲しいから」という理由だと男性は面倒に感じてしまうものなのですが、「寂しいから」「ただ会いたいから」というように純粋に求められると嬉しいものだということは覚えておいた方が良いかもしれません。

ただ、遠距離恋愛などをしていて「会いたい」と言われてすぐに会えない距離などであればやはり少し面倒に感じてしまうということは覚えておいた方が良いでしょう。

もう少し一緒にいたいというワガママ

男性が彼女に言われて一番嬉しいワガママといえばやっぱりこれ。もう少し一緒にいたいというワガママ。デートの終わりにこのワガママを言われて嬉しくない男性はまずいないでしょう。

まずその日一日喜んでもらえたんだという安心感、そして自分が求められることへの嬉しさのどちらもを満たすことができるワガママですからね。

仮にもう少し一緒にいれなかったとしてもこのワガママを言われてマイナスに働くことはまずないですし、付き合いたてなどであれば尚効果は絶大とも言えるでしょう。ただ男性の中では変に期待しちゃう人もいるのでタイミングと使い方には注意です。

彼女に言われて迷惑なワガママ

都合を無視したワガママ

破局に繋がる!? 「この人と合わないな…」と思ったエピソード6つ

先ほど男性が言われて嬉しいワガママで会いたいと言われることや◯◯に行きたい、食べたいと言われることなどが嬉しいワガママであるとご紹介しましたが、男性の都合を無視したワガママはハッキリ言って迷惑。

仕事中などで会えるわけがないのに必要以上に会いたいと言われたり、TPOを無視したワガママは男性は大嫌いです。

結局のところ男性が嬉しいワガママというのは面倒ではなくて自分にとって都合が良いものですから、自分にとって面倒で都合の悪いワガママが嫌なのは当然の話でしょう。

周りの人に迷惑をかけるワガママ

男性は周りの人に迷惑をかける彼女のワガママは大嫌い。特に重たかったりメンヘラ気質のある彼女だと多いのですが、彼氏の周りにいる人のことを全く気にせず自分の欲求や感情を優先するようなワガママはハッキリいって大迷惑ですよね。

例えばどうしても会いたいからといって友達と遊んでいる彼氏のところに会いに行ったり、職場の人と飲みに行った帰りに店の前などで待ち伏せ位していたり。

彼氏がどう思うということよりも彼氏の周りの人に迷惑をかけてしまうとなると流石に可愛いワガママでは済まされなくなってきます。男性は結婚などを考えたときに女性に対しては気遣いや気配りといった部分を求めがちなので、全く逆とも言える人に迷惑をかけるようなタイプの彼女にはある日突然嫌気がさして冷めてしまうのでしょう。

感謝の気持ちは絶対に忘れないこと

どんなワガママを彼氏に聞いてもらったとしても絶対に忘れたらいけないのが感謝の気持ちを忘れないということ。感謝を怠るとマンネリ化などにつながると言われているのですが、感謝のない関係というのは不満ばかりが溜まって愛が薄れてしまいやすいもの。

なので昔はあんなに快くワガママを受け入れてくれていたのに、感謝を怠り続けてきたせいである日突然フラれるなんてことも少なくないのです。

逆に言うと、いつまで経ってもお互いにワガママを言い合える関係というのは素敵な関係と呼べるのかもしれませんね。たまにワガママを言うのは良いですが、どんな時でも感謝の気持ちを忘れず、いつまでも素敵な関係でいられるように心がけていきましょう。

Written by せったーくん

せったーくんの他の記事を読む