好きだけじゃダメ!? 結婚を決める際に注意すること4つ

付き合いが長くなればなるほど、相手との結婚を意識しますよね。また、会った瞬間ビビビっときて「私、この人と結婚するかも!」と、とんとん拍子にスピード婚する可能性も。

「結婚」は幸せいっぱいのイメージですが……ちょっとまって!  相手も間違えると辛く悲しいことになりかねません。今回は、結婚をする際に気を付けるべきことをご紹介します。

結婚を決める際に注意すること

相手にも自分にも借金がないか

相手にも自分にも借金がないか

お金問題は、結婚後大きなトラブルになります。相手にも借金がないのはもちろんのこと、もし自分が借金がある場合もきちんと話すべきでしょう。いずれわかった際に「なんで言ってくれなかったの」と大喧嘩になりかねません。

・結婚した旦那がギャンブル依存症でした。結婚前に怒り「もうしない」と言ったのに結婚後も直らず、親戚にもお金を借りたり借金が膨れる一方で離婚しました。子供たちもいるしお金がかかるのに、ギャンブルばかりにお金を使ってついていけなくなりました。(31歳/女性/事務)

・結婚を考えていた彼氏が借金があることが発覚しました。幸いにも少額なので、今は一緒に暮らし、彼の給料は全て借金返済へあてています。借金が終わり次第結婚を進める予定です。(25歳/女性/アパレル)

家庭を第一に考えられる人かどうか

家庭を第一に考えられる人かどうか

独身時代は、自由気ままに過ごせたでしょう。しかし、結婚となるとそうはいきません。「家族」になるので、家族優先になり、家族を守る必要がでてきます。

いつまでも独身気分が抜けず子供のままのような相手を選ぶのはおすすめしません。

・新婚ですが、旦那は朝帰りはしょっちゅうで常に遊びに出かけています。「夫になったんだから、今まで通り遊びほうけているのは違う。私だって我慢している部分はあるし、二人の時間がほしい」と伝えても「自由にさせてくれ」と怒ります。ついにこないだ男女グループで朝まで遊んでいて流石にブチぎれてしまいました。ここまで家庭を考えない人だったとは思わず離婚も考えています……。(27歳/女性/営業)

浮気性かどうか

過去浮気をした人は何度もするとされています。一度でも浮気をしたことがある相手だと結婚する際に注意が必要かもしれません。

浮気・不倫問題は離婚へもつながりやすくそのあとの修復が難しいとされていますよね。

幸せな家庭を築きたいのであれば、女性関係がだらしなくない人を選びましょう。

金銭感覚があうかどうか

金銭感覚があうかどうか

金銭感覚があっていないと、度々喧嘩になるかもしれません。

「高収入な男性と結婚したい」と思う女性は多いかもしれませんが、高収入であってもお金の使い方が荒い人だと貯金もできず苦労する可能性があります。

「質素な生活を好む人」や「二人の将来のために貯金をしよう、そのために自分の欲しいものは我慢する」など自制心ある人と結婚するほうがよいでしょう。

・最初夫とはお金の使い方で度々喧嘩をしました。タクシーにお金を使ったり、変にブランド物ばかり欲しがる人でしたが、結婚となると今までのようにはできないと説得し無駄遣いを抑えさせました。その代わり誕生日には好きなものをあげています。(29歳/女性/会社員)

おわりに

「好きだから結婚したい」その気持ちもとてもよくわかります。ですが、「好き」の気持ちを重視しすぎるあまり、将来の二人のビジョンが見えないのはよくありません。

「女性にだらしないけど好きだから」「お金にだらしないけど好きだから」と好きだから許したりちょっとぐらいのことも大目に見ることがありますよね。しかし、結婚するとその数年後、その数十年後、必ず同じことで悩んでしまいます。

違和感を感じるのならば、早めに二人で解決をする、また合わないのならばきっぱりと別れるなど、関係をはっきりさせたほうがよいでしょう。

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む