尊敬しかない…「人格者」の特徴5つとエピソード

あなたの周りに「人格者」と言われている人はいませんか? 多くの人から愛され、尊敬されている……そんな人格者になれたらと、憧れる人も多いのでは?

今回はそんな人格者と言われる人の特徴と、身近にいた人格者のエピソードをご紹介します。

人格者とは

「人格者」をネットで調べてみると

すぐれた人格の持ち主。

人格者(じんかくしゃ)の意味 – goo国語辞書

という意味があるそうです。

ハッキリとした定義はありませんが、どんな人からも愛され尊敬されるような人と考えるとイメージしやすいでしょう。

人格者の特徴

どんな人にも平等に接する

どんな人にも平等に接する

人格者の特徴としてどんな人にも平等に接するという点があります。 上司にはよく見せようとしたり後輩に偉そうな態度をとったりといった、人によって態度を変えるようなことはしません。

責任感があり真面目

人格者と言われる人は責任感があり真面目な性格をしています。職場でも自分のやるべきことはしっかりと責任を持って取り組むことができます。どんな仕事でも嫌な顔せず真面目にこなす姿勢は周囲から尊敬される理由なのです。

人の悪口を言わない

人格者と言われる人は人の悪口を言いません。人には人の考えがあると言うことを理解しており、その人の不利益になるような発言はしないように気を付けています。

また、人の短所よりも長所を見つけることが得意で、悪口を言わない代わりに長所を褒めることが多いのです。

穏やかな性格

穏やかな性格

人格者と言われる人は穏やかな性格の人が多く、気分の浮き沈みが少ないことが特徴です。穏やかだからこそ周囲からも話しかけられやすく、親しみやすい存在になるのです。

人のために動くことが苦にならない

人格者と言われる人は自分が少し苦労したとしても、人のために何かをすることが苦になることはありません。周囲の人が困っていれば、一番に助けてくれる存在なのです。

身近にいる人格者のエピソード

忙しくても向き合ってくれる上司

忙しくても向き合ってくれる上司

「職場の上司は、どんなに忙しくても部下の疑問や悩みに丁寧に答えてくれます。仕事でミスがあった時も怒ることはなく、ミスの原因をはっきりさせて再発しないように一緒に考えてくれます。上の人から難しい要求をされた時は部下を守ってくれる人です。周りの人からは人格者と言われています。」(26歳/女性/事務)

どんな人でも受け入れてくれる友人の母

「私の友人の母は本当に人格者だと思います。地元から離れて一人暮らしをしている私のことを娘同然でかわいがってくれます。その人はどんな人でも拒まず優しく受け入れてくれて、いつも親身になって話を聞いてくれます。私以外にもその人のことが好きな人が多く、いつも家には誰かが会いに来るような人です。」(22歳/女性/販売)

おわりに

人格者と言われる人の特徴と、身近にいた人格者のエピソードをご紹介しました。なれるものならなりたい「人格者」。

簡単になれるものではありませんが、意識して行動するだけでも素晴らしいことだと思います。今回ご紹介した特徴をぜひ参考にしてみてくださいね。

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む