なんか無理かも…「この人と合わないな」と思った瞬間3つ

付き合いたては楽しくて、ラブラブで「彼の嫌なところ1つもないんだよね。」なんて言っていても、年月が経つと「あれ、私、この人と合わないかも……。」と感じることも少なくありません。

今回は実際にあった合わないと思った体験談をご紹介します。「なんだか恋人と合わなくて別れたほうがいいのか迷ってる……」なんて人がいれば、ぜひ参考にしてみてください。

 

合わないと思った瞬間

金銭感覚が違う

金銭感覚が違う

・お金持ちの彼と付き合ったことがあるのですが、「ここ行こうよ」と行っても「そこは安すぎてお肉も美味しくないからやだ。」とか「歩きは面倒だからタクシー使おう、俺が出すし。」と毎回上から目線でお金持ち発言が多く疲れました……。やっぱり金銭感覚の差は大きいと思います。(26歳/女性/営業事務)

・ブランド物好きな女性と付き合ったことがありますが、結婚を考えると金銭の差が大きく結局別れてしまいました。(28歳/男性/不動産)

特に結婚を意識した時に金銭感覚が合わない人だとお互いしんどくなりそうですね。どこにお金をかけるかが似たような人のほうがうまくいきます。また、結婚となると自由に自分のお金を使えないので「自分の好きなものにお金をかけたい」という気持ちが強いと結婚生活はうまくいきません。

コミュニケーション方法が違う

コミュニケーション方法が違う

・私は恋人なら特に話したり、スキンシップをとったりコミュニケーションをまめにしたいタイプです。行動や言動に示さないとわからないと思っているので、感情表現もします。ですが、恋人は、感情表現が得意ではなく「好きって言わなくても、付き合ってる=好きってことでしょ。」みたいにわりと淡泊なんです。人それぞれ得意・不得意はあるので理解しようと努力しますが、コミュニケーションの部分で度々喧嘩になります。(27歳/女性/会社員)

・過去に付き合った彼が、連絡不精なタイプでした。私は恋人なら連絡をマメにしたいし、そういう人じゃなきゃうまくいかないことがわかったので、今後付き合う人は、自分と同じようなタイプがいいなと思います。(28歳/女性/販売)

違うからこそ惹かれ合う部分が多いですが、その後良好な関係を保っていくには、コミュニケーションは欠かせませんね。

生活習慣が合わない

生活習慣が合わない

・「朝型」な私と「夜型」の彼で中々合わないなと思うことがありました。彼は午後から起きて「夕方からデートに行こうよ」というタイプ。私はどうせなら早く起きて一日デートを楽しみたいタイプでした。彼にもう少し早く起きてもらうようにお願いし、彼自身も夜型の生活を変えるよう努力して今ではお昼には起きるようになりました。それでも遅いけれど満足です笑(25歳/女性/アパレル)

・彼女と同棲していたのですが、彼女がかなりの綺麗好きでした。「お風呂にはいってないのにベットに入らないで!」と怒ったり、朝起きたらすぐに床掃除をしたり……僕がわりと大雑把でだらしないところもあるので、真逆だった僕たちはお互いストレスになってしまい別れました。(27歳/男性/営業)

「同棲してから気がついた……」なんて声も多く聞きましたが、生活習慣の問題もありますよね。あまりに差がありすぎるとストレスになってしまうことも……。

合わないから別れるは正解?

「お互いが合わないから別れる」これも選択肢の1つでしょう。お互いの価値観、金銭感覚、生活習慣……あまりに全てが合わないとお互いストレスをかかえてしまうからです。今は我慢できたとしても、数年後、数十年後、いずれ苦しくなってしまいます。

ですが、「合わないから別れる」といってすぐに決断してしまうのはおすすめできません。むしろ「合わないのが当たり前だ」と思っていたほうが関係がうまくいきます。

同じ環境で育った家族でさえ喧嘩をするのに、ましてや違う環境で育った相手と合わないことは当然です。

「合わないな」と思った時、お互いがどこまで理解し、二人の妥協点を探すことができるのかがうまくいく恋人・夫婦の形でしょう。

何が正解かは一人ひとり違うので、合わないと思った時にどうするべきかはしっかり自分で考え、そのあとの行動に移してみてくださいね。

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む