なんで上手くいかないの!? 婚活でありがちな失敗6つ

晩婚化が進んでいる現在、多くの人々が婚活を始めています。その一方で、婚活を始めても想像通りにはいかず、頭を抱えている人がたくさんいるのも事実です。

婚活が上手くいかない理由の一つとして、自分が失敗した原因に気が付いていないことが挙げられます。自分を客観視できていなければ、いつまで経っても原因には気付けません。そこで、経験者たちの過去の体験談を参考にしてみてはいかがでしょうか? 実際、経験や体験談はどんなものよりも役に立つため、あらかじめ婚活での体験談や情報を集めておくのがおすすめです。

そこで今回は、婚活でありがちな失敗についてご紹介します。あとから後悔しないようにするためにも、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

失敗しやすい人が結婚したいと思う理由

30代の婚活女性必見! 婚活を成功させるためのコツ5つ

婚活に成功する人、失敗する人には一体どのような違いがあるのでしょうか? 結婚をしたいと思う理由は人それぞれ異なります。

しかし、中には失敗しやすい人に共通したある理由によって、悩まされている可能性があるのです。ここでは、婚活する上でよくある失敗に陥りやすい人の考えについてご紹介します。

周りが結婚しているから

自分の周りの友人や親戚が次々に結婚していることを理由に、婚活を始める人がいます。周りに流されやすく、あまりよく考えずに決めしてしまえば、必ず後で後悔します。

誰かの妻になるということは、その相手と家族になるということです。結婚は長い人生において、非常に大きな決断になるため、慎重に考えなければいけません。

年齢的に考えて

「このままだとずっと一人かもしれない」という焦りの気持ちから婚活を始める人は多く見受けられます。年齢を意識しすぎるあまり焦って相手を探しているような人は、一度気持ちをリセットしてみましょう。

結婚のタイミングは人それぞれであり、自分が周りよりも遅れているからと言って焦る必要はありません。結婚できないかもしれないという動機で婚活を始めるのであれば、考えを改めるのがおすすめです。

相手の経済力に頼りたい

相手の男性の経済力に頼って生活したいと考える人は失敗しやすい傾向にあります。自分が専業主婦になり養ってもらうという考えが前提としてある場合は注意してください。

これから先の人生において想定外の出来事が起こる可能性もあるため、相手の経済力に頼りたいという理由で婚活を始めるのであれば、一度考え直しましょう。

婚活でありがちな失敗とは

婚活がうまくいかない人の特徴

婚活をしている人は当然のことながら強い結婚願望があります。自分で決めた相手に求める条件にとらわれるあまり、自ら出会いのチャンスを逃している人も多く見受けられます。ここでご紹介するのは、婚活にありがちな失敗例です。

高望みし過ぎている

なかなか思うように相手が見つからないという人は、高望みし過ぎている傾向にあります。恋愛とは違い、婚活は事前に相手の詳細について書かれたプロフィールを見ることができるため、自然とより良い条件の男性を探してしまいがちです。

求める条件が多ければ多いほど、理想の相手を見つけるのは厳しくなってきます。結婚する上で「これだけは譲れない」という条件だけを決めておき、その他はある程度妥協して婚活をするのがおすすめです。

高望みは失敗を招きがちなので、自らの可能性を潰さないためにも相手に求めすぎないように気を付けましょう。

失敗の原因に気づいていない

婚活をする際は主観的になりがちなので、失敗の原因に気づけない人が多いです。本記事の冒頭でも説明した通り、自分を客観視できなければいつまで経っても状況は変わりません。

また、結果に関係なく自己分析ができていない人は、その後何度も同じ過ちを繰り返してしまいます。失敗が続いている場合は一度自分の行動を振り返り、良かった点、悪かった点を客観的に判断してみましょう。

冷静になって考えると、今まで見えてこなかったことが明確になります。婚活は相手と話しているその瞬間だけではなく、終わった後も非常に大切な時間です。

相手に原因があると考えている

婚活が上手くいかない原因は相手にあると思っている人は要注意です。他人のせいにしている人は、何をやっても上手くいかない傾向にあります。

相手が悪いからと言って婚活を続けていれば、気づいた頃には周りから人がいなくなってしまうかもしれません。そんな考えで婚活を続けていても上手くいくはずがないため、原因がどこにあるかを正確に見極めましょう。

おわりに

恋愛経験が少ない

今回は、婚活が上手くいかない人の特徴や、よくある失敗についてご紹介しました。婚活で失敗する人々は、意外にも多くの共通点があると分かります。

また、結婚の動機が曖昧であれば婚活が上手くいく可能性は至って低いです。たとえ失敗したとしても、その反省を次に活かすことができればいつか良い結果を導き出せます。自分との相性が合う相手を見つけるために、これまでの経験を活かして婚活に挑みましょう。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む