自分より幸せそうな人は許せない…! 同性に嫉妬される女性の特徴とは

嫉妬という感情は誰もが持っているものですが、同性にそのような感情を抱かれやすい人がいます。同性への嫉妬は異性に抱く感情とは少し異なります。では、具体的にはどのような女性が対象となって居るのでしょうか?

今回は、女性に嫉妬されやすい女性の特徴についてご紹介します。自分がその対象にならないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

嫉妬心は男女で異なる感情を抱く

嫉妬という感情は性別問わず対象となるため、誰の身にも起こり得る可能性があります。では、男性に対して抱く感情と同じ女性に対して抱く感情にはどのような違いがあるのでしょうか?

一般的に男性に対する嫉妬心は、恋愛感情が大きく関係しています。付き合っている相手が他の異性と仲良くしていたり、連絡を取り合っていたりした場合に嫉妬という感情が生じています。

一方で同性に対する嫉妬心は、自分よりも優れていることに反応している場合が多いです。同性への感情は無意識のうちに自分との優劣を比較しており、その感情が自分自身を苦しめている状況に陥ってしまう人も多いです。特に自己肯定感が低かったり、自分の魅力に気づけていなかったりする女性に多く見受けられます。

同性から嫉妬される女性の特徴とは

次はないな…2回目のデートに誘われない女性の特徴3つ

この記事を読んでいる人の中にも、女性から嫉妬された経験があるという人はいるはずです。なぜそのような感情を抱かれたのか思い当たる節がない場合も多いため、困っている人も多く見受けられます。

では、具体的にどのような瞬間がきっかけとなっているのでしょうか?
 以下では、共通する特徴についてご紹介します。

誰からでも好かれやすい性格

性別問わず誰からでも好かれやすい女性は、嫉妬対象になりやすい傾向にあります。誰に対しても優しく接するため、常に周りには人がいる場合が多いです。

好かれるために意識的に行動している人もいますが、無意識のうちに人を惹きつける魅力を持っている人もいます。特に、後者の場合はその人の生まれ持った魅力であるため、より強い嫉妬心が湧いてくるはずです。

容姿が優れている

美人でスタイルも良い魅力的な女性に対して、嫉妬心を抱いている人がいます。人は見た目が全てではないと思いながらも、やはり容姿が優れている女性に対し羨ましい思いを持つものです。しかし、その反面どうしても嫉妬してしまい、相手を好きになれない可能性もあります。

また、男性からも好かれやすい傾向にあるため、同じ女として対抗心を抱くのです。生まれつき容姿が良い女性は「大した努力をしていないのに」と思われやすいため、嫉妬の対象になります。

何もかもが上手くいっている

仕事や恋愛、人付き合いなど、全てにおいて上手くいっているように見える女性は嫉妬されやすい傾向にあります。実際に上手くいっているかどうかではなく、幸せそうに見えていることがポイントです。

同性に対して嫉妬する人は自分の境遇と比較している傾向にあるため、自分よりも幸せそうな人生を送っているのが気に入らないのです。何もかもが順調に見える女性は、嫉妬対象として見られることが多いです。

嫉妬する心理とは

嫉妬深い

ここでは、同性に対して嫉妬する女性の心理についてご紹介します。

劣等感がある

自分に自信がなく、劣等感やコンプレックスがある場合、嫉妬の感情が起こりやすいです。自分が持っていない魅力を持つ人を見ると、劣等感が刺激されやすいため、すぐに卑屈な気持ちになってしまいます。

例えば、苦労の影が見えない女性がいるとしたら、努力をしてもどうせ自分にはできないと思い込んでいるのです。

プライドが高い

もともとプライドが高い女性は、自分よりも優れている相手に対し「妬ましい」という感情が沸き上がってきます。プライドが高い女性は対抗心も強く、意識せずとも自分と他人の優劣を比べてしまう癖があります。自分の立場やポジションを守らなければいけないと考えることが、より一層嫉妬心を煽る原因となっているのです。

負けを感じている

同性への嫉妬は、自分と同じくらいのレベルだと思っていたはずの人が、自分よりも優れていると分かった時に起こりやすい感情です。そもそも初めから圧倒的な差があれば早々に諦めもつきます。

しかし、同じくらいのレベルだと思っていた人が、自分でも手に入れられそうな幸せや成功を掴んでいる場合、悔しいと思う傾向にあります。

おわりに

一生ついていきたい! 職場の先輩を尊敬した瞬間のエピソード3つ

今回は、女性に嫉妬されやすい女性の特徴についてご紹介しました。誰にでも起こり得る感情であるため、時には向き合わなければいけない場合もあります。自分がその相手に入れ替わりたいと思うくらいの魅力を感じさせる人もいますが、それはその人の努力の結果だとも言えます。

誰かに対して「妬ましい」「悔しい」という感情を向けるのではなく、まずは自分磨きから始めてみましょう。

自分に自信を持つことで、周りとの優劣を比べるようなこともなくなります。嫉妬の感情に支配されないためにも、自分の長所や魅力を再確認することが重要です。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む