お前呼ばわり、休日にLINE…部下に嫌われる上司の発言例

「うちの上司はここが嫌で……」と愚痴を聞いたことはありませんか? 自分が「上司」という立場になると、「部下から嫌われていないか」を気にしてしまうことがあると思います。悲しいことに、上司は愚痴の対象になりやすいものです。

今回は、部下に嫌われる上司の発言例をご紹介します。自分が言っていないか要チェック!

部下に嫌われる上司の発言4つ

親しいワケでもないのに「お前さ~」と呼ぶ

親しいワケでもないのに「お前さ~」と呼ぶ

「40代の男性上司と会話をしている時、私の事を『お前さ~』とお前呼ばわりします。本人曰く仲のいい人にはお前と言ってしまうらしいのですが、それを仕事に持ち込むのもどうかと思います。と言うかそんなに仲良くないし!ホントやめてほしいです。」(23歳/女性/販売員)

本人にとってはした親しい仲だからと思って言っているかもしれませんが、相手がどう思っているかはまた別の話。特に、女性は「お前」と呼ばれるのが嫌だと思っている人は多いようです。

お気に入り社員への「今日も頑張ってるね」の声かけ

「私の上司はお気に入りの部下には優しく、他の部下には冷たいのがバレバレです。私はお気に入りの部下の方に入るらしく、『今日も頑張ってるね!』と声をかけられます。他の社員から変な目で見られてしまうので、あからさまに態度を変えてご機嫌な挨拶をするのはやめて欲しいです。」(31歳/女性/会社員)

部下を平等に見れないのは上司としてどうなのでしょうか……。お気に入りの部下からすると、他の部下との関係性もぎくしゃくしてしまいそうです。

休日に送られてくる「今日なにしてるの?」

「以前上司だった男性は、プライベートな内容の連絡をしてきて嫌でした。『今日なにしてるの?』『明日の会議頑張ろうね』など、休日にLINEでメッセージが送られてきます。私に気があるのかな?と思いましたが、既婚者なのでそれはないかと……。返事するのもめんどくさかったんですが、既読スルーをしたら会社で会った時に気まずいので必ず返事をしていました。もはや嫌いというか、気持ち悪いという感情に近いですね……。部署が異動になって本当によかったです。」(32歳/女性/会社員)

仕事とプライベートは別と考えている人にとっては、休日に職場の人から連絡が来るのはちょっと……と思ってしまうものですよね。

それがさらにプライベートすぎる内容の場合、気持ち悪がられてしまうかもしれません……。プライベートで連絡をする場合は相手との関係性を考えて送った方がいいでしょう。

大きな声で「こんなこともできないのか!」と怒鳴る

大きな声で「こんなこともできないのか!」と怒鳴る

「私の上司はモラハラ、パワハラの塊です。ミスをすれば人格否定、大きな声で怒鳴ったりします。なんでこんな人が偉い立場にいるのか分かりません。本人は『部下のためを思って』と言っていますが、ただのハラスメントにしか感じません。」(24歳/女性/販売員)

確かにこれはハラスメントと言っても過言ではありません。大きな声で怒鳴ったとしても相手は萎縮するだけです。 職場雰囲気も悪くなってしまうので、冷静で大人な対応をするべきです。

おわりに

部下に嫌われる上司の発言例をご紹介しました。自分も部下に言っていたかも……と思う人は一度自分の発言を見直してみた方がよさそうです。

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む