たったそれだけ!? 忙しい彼から返信をもらえる魔法のメッセージ4つ

あとちょっとで付き合えそうだけど、なかなか返信がない…。交際スタートしてから、「忙しい!」ばかりで、あまり相手をしてもらえない…。

「もう、どうしたらいいの?」

そこで今回は、大好きな彼から返信をもらえる魔法のメッセージをご紹介します。

1:「もうお昼食べちゃった?」

『ご飯食べた?』って聞かれると、自然と返信しちゃうよね」(30代前半)

最近なかなか会えなくて寂しい…。そんなときは、ランチタイムやディナータイムを少し過ぎたころに「もうご飯食べた?」「近くにいるんだけど…」と食事に誘ってみてはいかがですか? 短時間ですが、ふたりで話す機会ができますよ。残念ながら「まだだけど、外に出る時間がない」そんな忙しい彼には、おいしいご飯をデリバリーしてあげるのもアリかもしれませんね。

2:「○○について教えて~」

「自分が得意な分野について『教えて』って言われると、放っておけない」(30代半ば)

男性は得意分野について人に教えてあげることが大好き! パソコンや家電、釣り、スポーツなど、彼が詳しい分野を探って「ちょっと教えてほしい」とお願いしてみてください。返信をもらえる確立がぐっと高まりますよ。

3:「昨日大丈夫だった?」

「飲み会の翌日に体調を気遣うメールが来ると、素直にうれしい」(20代後半)

ちょっとお酒を飲みすぎてしまった翌朝は、「昨日は大丈夫だった」「二日酔いしてない?」と体調を気遣うメッセージを送ってみて! たとえ返信内容が「平気だよ!」「ありがとう」とあっさりしていても、男心をギュッと掴んでいること間違いなしですよ。

4:「○○知ってる?」

『これ知ってる?』って興味のある写真が送られてきたら、食いついちゃうね」(30代前半)

彼がずっと探していたモノや興味のあるアイテムを見かけたら、写真付きでメッセージを送るべし! いつもリアクションの薄い男性でも、「これどこに売ってるの?」「もっと詳しく教えて」と、すぐに返信をもらえるはずですよ。

どんなに仕事が忙しくても、メールをチェックしたり、ちょっと返信する時間はあるはずです。彼の負担にならないように注意しながら、返信をもらいやすいメッセージを送ってみてはいかがですか?

(取材協力)
20~30代の独身男性


この記事どうだった?

1いいね!

3うーん…