罪悪感がカギ? 彼氏に浮気を辞めさせる3つの方法

もし彼氏の浮気に気付いたら、どのように対応するのが正解でしょうか。

もう信じられない! と別れを切り出す人もいるでしょう。一方で、浮気をやめさせて関係を継続したいと望む人もいるはずです。

今回は、彼氏の浮気をやめさせる方法についてご紹介します。

彼氏が浮気をしてしまう原因は?

そもそも彼氏はなぜ浮気をしてしまうのでしょうか。その原因について見ていきましょう。

付き合いがマンネリになってしまう

付き合いがマンネリになってしまう

付き合っている期間が長くなればなるほど、どうしても新鮮味がなくなってマンネリを感じてしまいがちです。

よく言えば穏やか、言い換えれば刺激がない毎日のなかで、タイプの子や自分に好意を持ってくれている子に出会った彼氏が、つい魔が差して浮気してしまったというケースは少なくありません。

彼氏がマンネリを感じていると思ったら、「彼女といる時間は居心地がいい」「彼女との平和な日常が幸せだ」と気付かせることが重要なのです。

酔った勢い

お酒に酔って気が大きくなり、勢いで浮気してしまうというケースも。一回限りの浮気で終わることもあれば、その後もだらだらと関係が続いてしまうなんてこともあります。

この時に、一回きりの浮気だから……と許してしまうと、味をしめた彼氏が浮気を繰り返す可能性も考えられます。浮気は浮気、しっかり再発防止に努めなければいけません。

浮気をやめさせる方法

では、彼氏の浮気に気付いたとき、あなたがとるべき「浮気をやめさせる方法」はどんなものなのでしょうか?

問い詰めず、小さいことからお願いする

問い詰めず、小さいことからお願いする

彼氏の浮気を知った時、どうしても「なぜそんなことをしたのか?」問い詰めたり責めたくなったりするものですが、彼氏との関係をこのまま続けていきたいならこれらはやるべきではありません。

また、不安な気持ちゆえに彼氏の行動を常にチェックして束縛する人もいますが、好奇心旺盛で自由奔放なタイプの彼氏にとっては、その言動がストレスに感じられたり、余計に浮気心を煽ってしまう可能性が高いのです。

このような状況を生み出さないためにも、「飲み会に行くときは教えてね」「帰ってきたら連絡してね」など、実行のハードルが低いお願いから始めて、徐々にお願いレベルを上げていくようにしましょう。

彼氏がお願いを聞くことに抵抗がなくなってきた頃合いで、「浮気しないでね」「他の女性と遊ばないでね」など浮気に関するお願いをすれば、きっと素直に受け入れてくれるはずですよ。

念書にサインさせる

何度も浮気を繰り返す彼氏には、念書を書かせるのも有効な手段です。法的拘束力はありませんが、こちらの本気度をアピールできます。

念書では浮気しないことを約束させ、もし破った場合にはどうなるかを、曖昧な言葉や表現を避けて明確に記載しましょう。この際、常識的に無理なことは書かないようにしてください。

念書にサインすることを拒否し、「絶対にもうしないから信じてほしい」というようなタイプは信用できません。お互いの関係性を見直すタイミングになったと考えましょう。

罪悪感を与える

罪悪感を与える

もう二度と浮気しないと誓わせるには、相手にしっかり反省させる必要があります。そこでポイントなのが、彼氏に罪悪感を与えることです。

浮気がバレて怒られたり喧嘩になったりすると思っていたのに、彼女が優しく接してくれると彼氏は非常に申し訳ない気持ちになると同時に、なぜ優しいのかわからない恐怖を感じます。それが罪悪感となり、浮気をやめようと決意する男性が多いのです。

また、「信頼している」アピールも意外に効果があります。浮気をしたことで一度信頼を裏切っているわけですが、それでも「もう浮気しないと言ったあなたを信じている」と伝えることで、自分を信じてくれる彼女をまた裏切ることはできないと思わせることができます。

一方でNGなのは、あなたの負の感情を彼氏にぶつける行為。これまで我慢して辛かったと、泣いたり怒鳴ったりまくし立てたりして気持ちを爆発させると、いくら自分が悪かったとはいえ彼氏も逆ギレして状況が泥沼化してしまう可能性もあります。

ここは冷静さを保ち、悲しく傷ついたという気持ちを伝えることで、彼女を悲しませるようなことをしたのだと彼氏の反省を促しましょう。

相手にこそ非があるのですから、こちらは落ち着いて冷静に対処しましょう。

おわりに

もし彼氏が浮気をしていると気づいたら、なぜ浮気をしたのか、その原因を探ることが大切です。付き合いのマンネリや酔った勢いなどであれば、今後二人の関係をしっかりと深めていくことで改善できる場合もあります。

ぜひ今回ご紹介した方法を試してみてくださいね。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む