一瞬で冷める…男性がガッカリするNG行動7つ

好きな男性と上手くいっていて、もう少しで付き合えるかも! と思っている女性もいるのではないでしょうか? そんな時、注意したいのが1つ1つの行動です。男性は、女性のちょっとした行動でガッカリしてしまうことがあるからです。ふとした時の行動にガッカリすると、恋愛対象外になる可能性もありますよ。

そこで今回は、男性がガッカリする女性の行動についてご紹介します。

こんな行動はNG?! 注意したい行動とは

男性がガッカリする女性の行動には、どのようなものがあるのでしょうか? 女性からしてみれば、普段から何気なくとっている行動がそれに該当するケースもあります。

スマホばかり触っている

自分と話をしているのに、ずっとスマホをいじっているとどう感じるでしょうか? せっかく一緒にいるのに、画面に夢中になっていると寂しい気持ちになりますよね。好きな男性と過ごしている時は、スマホを離して親密な関係になれるよう話しをしましょう。

食べ方が汚い

食事をする場面では、相手の食べ方が自然と目に入ります。箸の持ち方が悪かったり、肘をついて食べていたりと、食べ方が汚いと男性はガッカリしてしまいます。癖になっている場合もあるので、自分の食べ方を振り返ってみると良いかもしれませんね。

金遣いが荒い

食事の場面はもちろん、デートでチケットを購入する場面など、お互いにお金を出し合うこともあるでしょう。そんな時、男性に出してもらうのが当たり前になっている人や、高いブランド品でも「これくらい買わないと」と派手なお金の使い方をしている人は幻滅されてしまいます。

自分の収入に見合わないお金の使い方は特にNGですよ。もちろん、何かにつけて「高いから別の所にしよう」と否定的でケチ過ぎる言い方も避けてください。

言葉遣いが悪い

言葉遣いが悪いのも男性がガッカリしてしまう行動の1つです。例えば、「すげぇ」「うめぇ」「ウケる」などです。これらの言葉は普段友人の前で気にせず使っているワードかもしれません。

ですが、ふと男性の前で使ってしまうとガッカリされてしまう可能性があります。

品がない

下品な女性は男性から見て魅力的には移りません。たとえ「いいな」と思っている相手でも、髪の毛ばかり触っていたり、バタバタ歩いたりと品がない姿を見てしまうと、恋愛対象外になってしまうでしょう。明るくサバサバした女性を好む男性もいますが、品がない女性は印象が悪くなってしまいますよ。

酒癖が悪い

お酒を飲んで酔うと言葉遣いが悪くなったり、荒々しい態度を取ったりするような女性は男性から距離を置かれてしまいます。潰れてしまうまで飲むのではなく、ほろ酔い状態に留めておくことも大切です。

部屋が汚い

どんなに容姿が綺麗で魅力的な女性でも、部屋が汚いとガッカリされる可能性があります。特に、男性が来るとわかっていながら整理整頓していない場合や、食材を腐らせて変なニオイがしているような状態は避けなければなりません。

彼氏が途切れない女性のモテ要素

男女モテする! 接しやすい人の特徴5つ

友人・知人の中で、彼氏が途切れないモテ女子はいませんか? そんな女性には、男性をガッカリさせないモテ要素をたくさんあります。男性をガッカリさせる女性にならないためにも、そんな魅力ある女性の要素をみていきましょう。

品がある

まず、行動や言葉遣いなど、一つひとつに品がある女性は男性にガッカリされるようなことはありません。大股を広げず静かに歩く・食べ方が丁寧・女性らしい服装や仕草など、清潔感があって上品な女性は見ていても話していても気持ちが良いと言われています。

親しみやすい

親しみやすいというのは、ただ明るくサバサバしているガサツな女性のことではありません。社交的で誰とでも明るく話ができるような女性は、出会いが多くなりやすいです。ただ、八方美人になってしまわないよう注意しましょうね。

男性目線になる

モテる女性は男性目線を常に意識しています。中には、男性からみて魅力的だと思うような言動を理解し、男性が見て「いいな」と思うような服装を選んでいる女性もいます。

また、男性が彼女にしたいと思うのは、恥じらいを持ちながらも頼ってくれる女性です。つい「守ってあげたい」と思ってしまうような存在であれば、男性からの印象も大きく変わるかもしれませんよ。

女子力が高い

女子力は、ただ外見が綺麗なだけで高いとは言えません。外見だけでなく、中身も磨いてこそ本当の女子力があると言えるでしょう。

普段から笑顔を絶やさないよう心がけたり、部屋を綺麗に保ったり、前向きでマナーがある女性は、内面も美しく感じられますよ。

おわりに

男性からガッカリされる女性にならないようにするには、普段の自分の行動を振り返ってみる必要があります。幻滅されるような行動を取っているという女性は、今からでもその行動を改め、自分を磨いていきましょう。

自分磨きは、今から始めて遅いということはありません。モテ要素をキャッチして、自分なりに女子力アップを目指していきましょう。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む