男性の浮気もお見通し!?浮気をした時に使われる言い訳はコレ!

女性は男性の浮気には敏感なものですが、なかには巧妙に浮気を隠してしまう男性もいます。しかし、男性がよく口にするある言葉やその態度から、浮気を見抜くことができるのです!

今回は、浮気をした男性が使いがちな言い訳6選をご紹介したいと思います。彼の様子が怪しい、隠し事をしている気がする……という女性は、この記事を参考にしてみてくださいね。

なぜ男性は浮気をしてしまうの?

なぜ男性は浮気をしてしまうの?

そもそも、男性はなぜ浮気をしてしまうのでしょうか?

一般的に男性は浮気によって新しい恋を探しているのではなく、ほとんどがひとときの快楽や刺激を求めているだけなのです。

また、今のパートナーとの関係が本当に良好なのか、自分の価値観は正しいのか、確認するために浮気をする男性もいます。二人の関係がマンネリ化していたからとかいうのならまだわかりますが、女性からすると馬鹿げた理由すぎて呆れてしまいますね。

浮気さえなければ、少なくともそれによる嫌な気分やケンカは回避できます。「もしかして、浮気?」と感じる言い訳や言動を早めに見つけて対処することが重要です。

男性が浮気の言い訳で使いがちなフレーズ6選

では、浮気をした男性が使いがちなフレーズをご紹介しましょう。このような言い訳が最近増えたと感じたら要注意ですよ。

「仕事の付き合いだから」

「仕事の付き合いだから」

仕事を理由に、「付き合いだから断れない」「忙しいのは仕方ない」と、遅くまで外出したりいつも時間がないことをアピールしてきます。女性が余計な探りを入れないように『仕事』を強調しているのです。

もちろん、本当に仕事が忙しいという男性もいるでしょうが、浮気をしていた場合、最後には「仕事なんだから仕方ないだろ!」と開き直って怒り出すケースもあります。急に仕事が忙しいと言い出したり、仕事での交流が増えたりした場合は注意してみてください。

「友達だから」

やたらと友達との外出回数が増えた、頻繁に友達と飲みに行く、今晩は友達の家に泊まることにしたなど、浮気の言い訳に友達が登場するのもよくある手段です。

彼の友達を紹介されていない場合には使われ放題の言い訳ですし、女性側が彼の交友関係やその連絡先までよく知っている場合でも、「最近友達になったんだ」などと架空の友達を作ってくる可能性もあります。

なんでも友達だからという男性は、浮気の可能性が高そうです。

「スマホの電源が切れていた」

「スマホの電源が切れていた」

彼に連絡がつかない、またはなかなか連絡が来なかった時に、「スマホの電源が切れてしまった」と言われることはないですか?

スマホの調子が悪い、充電し忘れていたということは時にはあるかもしれませんが、こちらが連絡したタイミングで毎回電源が切れてしまうのは、浮気をしている最中かもしれません。

頻繁に電源が切れてしまうスマホを持つ男性はかなり怪しいです。

「お前しかいないから」

怪しい行動について問い詰めた時、「お前しかいないから」と発言する男性には注意してください。

甘い言葉で女性をなだめてどうにかその場をやり過ごそうという考えです。女性がこのフレーズに弱いことをわかっていて使っているので、浮気の常習性も疑われます。

お前しかいないからと言われたら、どのような意味で言っているのか詳しく聞いてみましょう。

「誘われて断れなかった」

これも浮気をする男性がよく口にする言葉です。

相手の女性の方から誘ってきたので、あくまで自分は応じただけで、浮気ではないし自分は悪くないと言いたいのです。誘われたのに断ったら失礼だと開き直る男性もいるかもしれません。

けれど、自分自身の意思があれば誘いを断ることはできるはず。それを相手のせいにしながら自分の無実を主張するのは身勝手すぎて信じる方が難しいでしょう。

男性を問い詰めた時にこのような発言が出てきたら、かなりの確率で浮気をしていると考えてください。

「酔っていて記憶が曖昧」

「酔っていて記憶が曖昧」

浮気している男性は、お酒に酔って記憶がないことを主張しがちです。記憶がないものを思い出してと言われても、無理だと言い張るためにこのような言い訳をします。

どこから記憶がないのか、どのくらい飲んだのか、誰といたのかも分からないという場合、どうぞ疑ってくださいと言っているようなものです。

おわりに

浮気する男性は、なだめてきたり、わざと怒らせてきたり、泣き落としにかかってきたり、様々な言葉を繰り出して女性を納得させようとします。

頻繁にこれらのフレーズを使うようになった場合は、浮気の可能性も念頭に置いて、男性の言い訳を聞くようにしてください。一言一言に惑わされないよう、冷静な気持ちを忘れないことが大切ですよ。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む