クローゼットの大掃除で恋愛運UP!なかなか捨てられない、アレとは?

クリーニング屋さんでもらうプラスチックのハンガー

捨てるタイミングを決めないと、貯まっていくばかり。実は恋愛でも、言えることなんです。

プラスチックハンガーの寿命について

クリーニング屋さんでもうら安物プラハンガー(お店によって、黒だったり白だったり)の付き合い方について、お話したいと思います。

基本、シーズンオフの洋服をクリーニングにかけるので、その多くは、次のシーズンまで持ち越しとなります。

しかし、いざ、クリーニングにかけた服を着ようとした時、初めて、プラハンガーが存在感を強めてきます。

「ビニールは捨てていいけど、まだまだコレ使えるよ。今日着た服を、またコレにかけなよ。」

聞こえるハズのない声で、囁かれてるみたい、、、。

本当は、捨てたいプラハンガー、でも、また使ってしまう理由とは?

そんなとき、多くの女性はこう思うのではないでしょうか??

高級ハンガーを使いたい気持ちはある!
理想は、ホテルっぽいやつ。
でも、高いハンガーって、1本2千円近くするし、全部揃えるとなると、結構な金額になってしまう。
安っぽいハンガーをずっと使うのってどうなの? とは思ってるけど、いろんな事情で、仕方なく使っている。

・・と。

女は、複雑な生き物です。

かわいくないもの(安物ハンガー)は、思いっきり、ぞんざいに扱います。

プラハンガーを人間に例えるなら、自分の都合で連絡する男友達(SNS友だち)に、置き換えられるのではないでしょうか。

嫌いじゃないけど、全く好きでもない。
暇な時や酔った時に、とりあえずLINEするけど、向こうからの積極的なお誘いは、正直うっとうしい。そんな関係。

いつでも捨てられる!だから、捨てるに捨てられない。

・・・これって、恋愛界のプラハンガーですよね。

季節の節目節目に、大掃除を提案。

もうすぐ、旧暦でいう、お正月がやってきます。

新しい一年を迎えるためにも、プラハンガー(男友達もついでに)を捨てる、とってもいいチャンスです。

次のシーズンまで持ち越さないよう、節目節目に、お掃除を心がけたいですね。


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…