破局を招く⁉ 恋人との喧嘩中にやってはいけない5つのNG行動

恋人と喧嘩をした時になかなか仲直りができず、こじれてしまった経験はありませんか?

喧嘩中はどうしても感情的になってしまうものですが、喧嘩中のある行動でその後の二人の関係性に大きな影響を与えてしまうことがあります。

今回は恋人との喧嘩中にやってはいけないNG行動を解説します。 自分に当てはまっていないかチェックしてみてくださいね。

恋人との喧嘩中にやってはいけないNG行動

相手を無視する

相手を無視する

喧嘩中、感情的になっている時は相手と会話をしたくないと思うことはよくあることですが、相手が話し合いたいと思っている時にも無視をしてしまうと喧嘩がこじれてしまう原因に。

ただひたすらに無視をしてしまうと相手も不満に思ってしまいかねません。喧嘩は相手がいるものなので、時間を置きたい時は「今は冷静に話し合うことができないから少し時間を置きたい」と自分の気持ちを伝えるようにしましょう。

相手をただ傷つけるような発言をする

怒りに任せて相手を傷つけるだけの言葉を投げかけてしまうのは絶対にNGです。「頭が悪い」「ブス」などの発言は、喧嘩が終わった後でも相手の心の中に傷ついた言葉が残ってしまいます。

それが相手への 不信感につながり、結局別れてしまうきっかけになってしまうこともあります。 どんなに感情的になっていたとしても相手が傷つく発言は絶対にしないようにしましょう。

愛情を疑う

喧嘩中はどうしてもネガティブな考えになってしまいますが、「私のことそんなに好きじゃないんでしょ」「好きじゃないからそんなことが言えるんだ」と、相手の愛情を疑うのはNGです。

喧嘩の原因は別にあるのに、好きか好きじゃないかで判断するのはよくありません。好きだからこそ付き合っているし、今後も付き合っていきたいと思うなら相手の気持ちを疑わずに、解決できるような話し合いをすべきです。

過去の話を持ち出す

過去の話を持ち出す

「前にもこんなことがあった」「あの時は最低だった」と過去の喧嘩の話を持ち出すのはよくありません。

目の前の問題が分からなくなり、喧嘩が長引く原因になってしまいます。 過去に解決したはずの話を怒りに任せて持ち出してしまうと、相手もモヤモヤしてしまいます。今の喧嘩の原因だけをしっかりと話し合うべきです。

相手の意見を聞かない

自分の意見が正しいと思い込んで相手の意見を聞かない姿勢になってしまうのは、ただのワガママで自分勝手な人に見えてしまいます。

人それぞれ考え方が違うのは当然です。違うからこそ喧嘩になるし、解決するためにすり合わせをする作業が必要になってきます。

相手に理解してもらえない状況はとてもつらいものです。自分の考えだけではなく、相手にも考えがあることを理解しましょう。

おわりに

恋人との喧嘩中にやってはいけないNG行動を解説しました。当てはまるものはありましたか?

恋人と良い関係性を築いていくためにも、喧嘩中のNG行動には注意しましょう。

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む