今の自分が好き! おばさんになって良かったこと5つ

「おばさん」と言われると、「私ももう年なのか……」「老けたのかな」なんてなんだかマイナスなイメージがあるかもしれません。ですが、実はおばさんになって良かったと思ったことがあるかも!

今回はおばさんになって良かったと思った経験談を聞いてみました。

おばさんになって良かったこと

細かいことに気にしなくなった

細かいことに気にしなくなった

・年をとってきてから、あまり細かいことに気にしなくなりました。おばさんになったからかどうかわかりませんが、年々年を重ねて経験も重ねていくと、少しぐらいでイライラしません(笑)(35歳/女性/会社員)

・25歳をすぎてから「アラサー」だとか「おばさん」と会社でも言われるようになりました。確かに新卒の可愛い子たちのようなキラキラはありません(笑)ですが、やはり考え方など昔とは違って、今のほうが心に余裕がもてている気がします。若さはありませんが、今の自分のほうが余裕もあって好きだなと思いますね。(28歳/女性/会社員)

「気にしなくなった」「性格が丸くなった」と言った声が一番多かったです。やはり経験を重ねた人がより魅力的なのもわかりますよね。

毛の処理が減った

毛の処理が減った

・年をとるにつれて、毛が薄くなってきました。若い頃は毎週、時には毎日していたムダ毛の処理ですが、今はほとんど処理していません。(39歳/女性/主婦)

・年々毛があまり生えなくなり、処理の時間が減っています。娘は「早く脱毛したい!」と言っていますが、いつも「年になったら気にならなくなるよ~」って言ってます(笑)(46歳/女性/主婦)

毛の処理で悩む若い女性は多いのではないでしょうか。処理が楽になると嬉しいですよね。

流行を追わなくなった

・昔は流行のもの全てに関心がありましたが、今は「自分の似合うものでいっか」と思えるものになりました。これも「おばさん」になったからかもしれません(笑)(29歳/女性/主婦)

流行に敏感なのもトレンドを追っていて素敵ですが、「自分の似合うものを身につける」ことが一番魅力的に映る方法ですよね。

挑戦できるようになった

挑戦できるようになった

・2,30代の頃「どうせ今さらやっても遅い……」みたいに思って挑戦できなかったんです。でも年をとると「今チャレンジしなかったら後悔する」みたいに思って挑戦できるようになりました。今新しい習い事も始めて楽しいです。(42歳/女性/主婦)

人生一度きりなので「やってみたい!」と思ったらチャレンジすることが大切なんですね。何事にも頑張っている女性は輝いていて魅力的です!

生理が来なくて楽

・私の年だとおばさんじゃなくておばあちゃんのかも(笑)生理が来ないのが一番楽です(笑)女性って生理が大変ですよね。私は生理が重いタイプで、生理の時はいつも憂鬱でした。年を取って生理がこなくなってから「生理がこないとこんなに楽なんだ!」と実感しました。(56歳/女性/保育士)

筆者も生理が重いタイプなので、これは嬉しい。体の仕組み上必要なのはわかっていますが、何度「生理が来なければ……」と思ったことか!

おわりに

「どうせおばさんだし……」とネガティブになるのではなく、年を重ねることを楽しむ女性が魅力的に見えるようです。

若い頃は若い頃なりの魅力がありますが、年齢を重ねた「今」だからこその魅力もあります。ネガティブにならずに、今の自分を精一杯輝かせてくださいね。

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む