自覚するのは難しい? 無神経な人の特徴4つと改善するコツ

あなたの周りに無神経な人はいますか? 無神経な人が周囲にいると、気遣いのない発言をされて傷つくなんてことはよくあると思います。

残念なことに無神経な人は自覚していないことが多いのです。知らず知らずのうちに自分も無神経な発言をしている可能性も……。

今回は無神経な人の特徴と改善するコツを解説します。自分に当てはまっていないかチェックしてみてくださいね。

無神経な人の特徴

マイペースな性格

マイペースな性格

無神経な人の特徴の一つとして「マイペースな性格」という点があります。マイペースな人は自分のことを中心に物事を考えることがあり、 空気を読むことが苦手な傾向にあります。

自分の意見を言うことを優先してしまい、相手がどう感じるかを想像せずに無神経発言をしてしまいます。

自分が発言した後に場がしらけてしまうような場合は、無神経な発言をしている可能性があります。

口が軽い

無神経な人には口が軽いという特徴もあります。 先ほどもお伝えした通り、自分のことを中心に考える傾向があるため、自分が面白いと思ったネタはつい人に話してしまうのです。

深刻な悩みや人の失敗談など、あまり話してほしくない内容でも、誰かが傷ついたり恥をかいてしまうことは無視して、自分が話したいかどうかで決めてしまいます。

「ここだけの話なんだけど……」が口癖になっている人は、口が軽い無神経な人と思われている可能性があります。

周囲の人に興味がない

無神経な人は周囲の人に興味がない傾向があり、人の気持ちを想像して気遣うことが苦手です。誰がどんなことで傷つくかをイメージすることが難しいのです。

そのため、自分が傷つかないからと相手にもズバズバと発言してしまい、無神経な人と思われてしまいます。

人に興味がないことは自覚できても、無神経発言をしているとまでは自覚することは難しく、人に指摘されるまで自分が無神経な発言をしているとはなかなか気づくことができません。

外見について指摘する

無神経な人は、配慮することが苦手です。そのため、人がコンプレックスに思っている点も平気で指摘してしまうことがあります。「背が低い」「太ってるね」など、思ったことをそのまま口にしてしまうのです。

外見について指摘されると不快に思う人が多いため、無神経な人は嫌厭されてしまいます。

無神経な性格を改善するコツ

周囲から好かれている人を参考にする

周囲から好かれている人を参考にする

周囲から好かれている人は、気遣いが上手だったり、思いやりがある行動をしていることが多いので、行動や発言を観察するととても勉強になります。

単純にマネするのもいいですし、本人に直接アドバイスをもらうのもいいでしょう。

自分が発言したら相手の反応を見る

無神経な性格を治すには自分が無神経な発言をしているということを自覚する必要があります。 そしてどんな事で相手が傷つくのか嫌な思いをするのかを学ぶことが大切です。

 自分が発言したら相手の反応を見て嬉しそうな顔しているのか嫌そうな顔をしているのかを確認してみましょう。

嫌そうな顔をしている場合は無神経な発言をした可能性があるので、相手に謝りつつどういうところが嫌だったのかを聞いてみましょう。

そうやって積み重ねていけば、相手はどんなことで傷つくのかが分かるようになるでしょう。

無神経な性格を卒業するために

無神経な人の特徴と改善するコツを解説しました。特徴にいくつ当てはまりましたか? 当てはまった数が多い人は無神経な人に思われている可能性が高いです。

改善するコツを参考にして、無神経な性格を卒業しましょう!

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む