メロメロです…男性にモテる「お姉さん的存在」女性の特徴3つ

面倒見がよくて、思わず「お姉さん」と呼びたくなる姉御肌の女性。いつもみんなに頼りにされるお姉さん的存在だからこそ、なかなか恋愛に進展しにくい傾向があるようです。

では、気になる男性の恋愛スイッチを“オン”にするには、どのようなアプローチが効果的なのでしょうか? 19~28歳独身男性を対象に「お姉さん的存在の女性」に対する本音を徹底リサーチしてみましたよ。

「お姉さん的存在」は男性からモテるの?

「お姉さん的存在」は男性からモテるの?

「塾のバイトで2つ上の先輩女性がいろいろと教えてくれるんだけど、とにかく細かいところまで見てくれて。生徒へのコメントや声かけ、指導の方法とか、『さっきのとてもよかったね』『いつも生徒へのコメントが丁寧で素晴らしい』『〇〇くんみたいな先生だったら生徒もやる気になるね』と褒めてくれるんだよね。それがとにかく嬉しくて。気が付いたら1人の女性として意識している自分がいた」(19歳/男性/大学生)

「姉御肌の女性って、芯が強くてサバサバしているでしょ? だから何でも1人でこなすイメージだったんだけど、この前『重たい荷物が届いたから、〇〇くん運んでくれない?』とお願いされてドキッとした。しかも『さすが〇〇くん! 助かっちゃった』と満面の笑みでお礼も言われて……。もしかして、これって恋かも!?」(25歳/男性/メーカー)

「ずっと気になっている女性がいるけど、みんなのお姉さん的存在でいつも忙しそうで。食事に誘っても断られそうな気がして、思うように声をかけられない。たとえデートできたとしても、姉御肌の女性って簡単に落とせなそうなイメージだよね」(23歳/男性/IT)

「お姉さん的存在の女性って、誰とでも仲良くできるタイプが多くない? 男女関係なく飲みに行ったり、相談を持ちかけたり。だから正直、脈ありなのか脈なのか見分けにくいところがある。結婚に焦り始めた男性からすると、思わせぶりな態度はやめて欲しいかも」(28歳/男性/商社)

男性たちは、思った以上に「お姉さん的存在」の女性にメロメロ。アンケートの中でも、密に想いを寄せていると答えた男性がたくさんいました!

でも、同じように目立ったのが「恋愛なのか友情なのか分かりにくい」「思わせぶりな態度はやめてほしい」という意見。お姉さん的存在の女性は、男女隔たりなく接する傾向があるので、男性はモヤモヤしてしまうことが多いようですね。

では、どんな“お姉さん的存在の女性”がモテるのでしょうか?

男性にモテる「お姉さん的存在」女性の特徴3つ

1.褒め上手

1.褒め上手

お姉さん的存在の女性は、「カッコいいね」「オシャレだね」など、ありきたりの誉め言葉を使いません。誰も見ていないような褒めポイントを見つけて「〇〇くん、さすがだね」と男性を上げるのです。

男性はそんな小さな誉め言葉に「僕のこと、見ていてくれたんだ」と思わず嬉しくなってしまうそうですよ。

2.男性に頼る

いつも気を張っているお姉さん的存在の女性ですが、本当に困ったときは男性に頼るものです。重たい荷物を運ぶとき、悩みを抱えているとき。男性は頼りにされると、やっぱり嬉しいようですね。

また、女性に弱い部分を見せられると、その“ギャップ”に思わず心が揺らいでしまうとか! たまには肩の力を抜いて、周りに頼ることも大切ですね。

3.柔軟性がある

お姉さん的存在の女性は、ちょっぴり頑固なイメージ。「男だから〇〇じゃないといけない」「この仕事は昔から……」など、傲慢な振る舞いを続けていると、どうしても鬱陶しい存在になってしまいます。

男性にモテる女性になるには、相手の意見に耳を傾けることが大切です。「そんな意見もあるのね」と興味を持って、男性の心理を理解するよう心がけて! 男性からの評価がガラッと変わるはずです。

まとめ

まとめ

お姉さん的存在の女性は「モテない」と思ったら大間違い! ちょっと見せ方を工夫するだけで、男性が愛して止まない女性になれるはずです。姉御肌だと言われたことのある女性は、今回ご紹介した3つのポイントを意識してみてはいかがですか?

【取材協力】
※19~28歳独身男性20人

Written by mook

mookの他の記事を読む