ついやってない…? 嫌われる会話のクセ4つ

コミュニケーションは、恋愛や職場においてかなり重要ですよね。一緒に会話していても楽しくて心地よく会話ができる人もいれば「なんだかつまらない……」「この人と話していると嫌な気持ちになる……」なんて人もいるはず。

自分の会話のクセが周りを不快にさせていないか、チェックしてみましょう。

嫌われる会話のクセ

否定をする

否定をする

会話をする際、否定から入ってしまう人はいませんか? 否定が多い人は、自分の価値観や意見を押し付けすぎるところがあります。まずは相手の意見をきちんと聞く、そして一度は受け止めることを意識してみましょう。

・好きなアイドルがいるのですが、その話を友達にした時に「え?全然かっこよくないんだけど!なんでファンなのかわからない」と言われました。好きなタイプは人それぞれなので、友達とタイプが合わなくても別にいいのですが「顔もかっこよくないし、歌も下手だし……」とその後もしつこく否定されました。流石に「そこまで否定する!?」と悲しくなってもうこの話は話すのやめようと思いました。(26歳/女性/営業)

自分の話ばかり話す

自分の話ばかり話す

ついつい話が盛り上がって自分の話ばかりしている……なんてこともよくありません。 次から次へ話ができる人は「おしゃべり上手な人」というイメージもありますが、コミュニケーションにおいては「話す力」より「聞く力」のほうが重要だと言われています。

みんな誰しも「自分の話を聞いてもらいたい」という願望や承認欲求があります。それなのに話を振らないで自分の話ばかり話す人と一緒だと「めんどくさい」「つまらない」という感情を持たれがちです。

「自分中心になりすぎない」ことを意識しましょう。

深堀りした恋愛や、下ネタを話す

深堀りした恋愛や、下ネタを話す

女性は恋愛トークが好きなイメージがありますが、全員が全員そうとは限りません。「あまり深い恋愛の話はしたくない」という人もいるので、反応をみて話すようにしましょう。

また下ネタは仲の良い女友達や、男性性同士では盛り上がることがあるかもしれませんが、よく知らない間柄では基本的に控えましょう。

「下ネタを話しとけばウケる!」と思っているのは本人だけで、実は周りかあら迷惑がられている可能性も高いですよ。

・自分があまり恋愛に興味がなく、年齢=彼氏がいないので、恋愛の話になるとちょっと困るなということも多々あります。親しい間柄ならいいのですが、そこまで仲良くない人に「なんで彼氏いないの!?」とか「恋愛に興味ないの?」とか色々言われるとちょっと嫌ですね……。(24歳/女性/事務)

結論やオチを求める

仕事上では「結論から言う」ということを意識している人は多いでしょう。お笑いのテレビ番組を見てれば「オチないんかい!」というツッコみもよく聞きますよね。

仕事ややバラエティにとってこれらのことは大切なのかもしれませんが、普段の会話でそこまで意識することはありません。逆に意識しすぎると、周りの人が嫌な気持ちになってしまいます。

・合コンに行った時に、普通に話をしていたら「オチないのかよ~!」「オチは?」とか色々ツッコまれた時にイラっとした経験があります。私はお笑い芸人じゃないんだよ(笑)(26歳/女性/会社員)

おわりに

「会話は言葉のキャッチポール」と言われているように、ボールを自分だけが持つのはよくありません。

自分だけでなく、相手のことにも興味をもち配慮することが大切です。

今一度自分勝手なコミュニケーションをしていないか見直してみるのもよいでしょう、

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む