最近ツイてない…悪い運気を断ち切る方法4つ

「最近なんだかツイてないな」という人は、もしかすると悪い運気の真っ只中にいるのかもしれません。なにかにつけて嫌なことや不幸なことばかりが起こるときは、悪い運気を断ち切るためにアクションを起こしましょう!

悪い運気の断ち切り方と良い運気を呼び寄せる方法をお届けします。

運気が下がっているサインとは

失敗が続く

失敗が続く

悪い運気のときは、十分に気をつけているつもりでもミスを繰り返してしまうのが難点。普段は簡単にクリアできることも、失敗しやすくなるため、「わかっているのに……」と悔しい思いをすることもあるでしょう。

このときの失敗が元凶になり、信頼や縁を失ってしまう人もいます。

イライラする

運気が悪いときは、気持ちが落ち着きません。いつも焦っていたりイライラしていたり、心が安定しないのです。

このような心の状態でいると、色々なことが順調にいかなくなり、負のループにはまってしまいやすくなります。

沈んだ気分が続く

運気が悪いときは、気分まで落ち込んでしまいますよね。「何をしてもどうせうまくなんかいかないし……」と、マイナス思考になる人も少なくないでしょう。しかしこのことが、さらなる悪い運気を呼び寄せてしまいます。

気持ちが沈んでいるときは、たとえうまくいっていることでも悪いように捉えてしまいがち。いつもなら気にしないような些細なミスに深く落ち込み、その沼から抜け出せなくなります。

悪い運気を断ち切る方法とは?

大胆な気分転換をする

大胆な気分転換をする

イライラしたり落ち込んだり、気持ちが安定しないままでいると、次第に復活不可能となり、悪いことがどんどん起こるようになります。この沼から抜け出すには、どこかでパキッ! と気持ちを入れ替えることが必要です。いつもはしないような大胆な方法で気分転換をしましょう。

今まで躊躇していた趣味にトライしてみたり、一人では絶対に行かないようなお店に意を決して入ってみたり、とにかく、いつもとは違うことに挑戦してみてください。

ポイントは、失敗や無駄を恐れずにやってみること。もしかするとこれが転機になり、新しい世界が開けるかもしれません。

生活習慣、食生活を見直す

生活習慣が不規則だったり食生活が乱れていると、心も体もバランスを崩しやすくなります。健康的でいなければ、考えや行動に悪影響を与え、自然と運気も下がってしまうでしょう。

心身の調子と運気はリンクしているといわれます。運気が悪いと感じたときは、一度自分の生活習慣を見直してみましょう。

SNSに依存しない

SNSやインターネットのコメント欄には、最近、人を攻撃するような内容のものがあふれていますよね。

ネットサーフィンをしているとついつい目に入ってきてしまうものですが、これがいつの間にか気分を落ち込ませています。何にでも悲観的になったり、マイナス思考になったり、ついには他人の評価が異常に気になって動けなくなり、運気は下がっていくばかり。

悪い運気を断ち切るためには、一度、SNSやコメント欄を閲覧しないように距離をおきましょう。自分の考えや思いを大切にすることを心がけてみてください。

縁切り神社にお参りするのもおすすめ!

縁切り神社にお参りするのもおすすめ!

「縁切り神社」とは、悪運を断ち切り良縁を引き寄せるご利益があると信じられている神社のことです。日本国内で有名な縁切り神社は、東京と京都にあります。

【東京】陽運寺(東京都新宿区)

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

陽運寺-youunji temple(@youunji)がシェアした投稿

四谷にある陽運寺(よううんじ)は、悪縁切りで有名なパワースポット。こちらには、『東海道四谷怪談』に登場するお岩さんが祀られており、「於岩稲荷」とも呼ばれています。

お岩さんといえば、夫に裏切られ不遇の死を遂げた女性として知られますが、そのパワーによって悪縁を断ち切ると信仰され、特に、異性関係の悪縁切りは特に評判です。ほかにお金、病気などの悪縁にもご利益があるといわれています。

一方で、お岩さんは良妻賢母だったことでも知られ、それにあやかろうと女性から多く信仰を集めてきました。良縁をもたらすご利益があるとも信じられています。

境内にはカフェがあり、参拝がてらくつろぐこともできますよ。

【住所】〒160-0017 東京都新宿区左門町18

【最寄駅】東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」3番出口より徒歩5分、JR中央・総武線「信濃町」駅より徒歩8分

公式サイト

【京都】安井金比羅宮(京都市東山区)

京都を代表する花街、祇園近くにある「安井金比羅宮(やすいこんぴらぐう)」は、全国屈指のパワースポットといわれる場所。

願い事を書いた「かたしろ」を境内の巨石に張り、巨石にあいた小さな穴をくぐることで悪縁を切り、良縁を結ぶことができます。

主祭神の崇徳天皇が不運にも讃岐に流されたとき、一切の欲を断って金刀比羅宮に籠もったことから、「悪縁を断ち良縁を結ぶ神」として崇められるようになりました。

人、病気、誘惑などあらゆる悪縁にご利益があるといわれています。

【住所】〒605-0823 京都市東山区東大路松原上ル下弁天町70

【最寄駅】京阪本線「祇園四条」駅から徒歩10分、阪急京都線「河原町」駅から徒歩15分

公式サイト

まとめ

まとめ

運気が悪いときは、今自分のやっていることが「合っていない」というサインである場合もあります。ですから、悪運を断ち切るには、自分自身のしていることを見直してみましょう。

心と体が健康であれば、自然と運が上向きになるはずです。いつも心地よくいられるよう、自分なりの楽しみや幸せを見つけてくださいね。

Written by さあや

さあやの他の記事を読む