夫にすると苦労する…「結婚しない方がいい男」の6つの特徴

幸せになるために結婚したのに、結婚した途端夫にストレスばかりの日々……。結婚相手は慎重に選ぶべきですが、結婚前に相手とのズレを見落としてしまうことも……。

今回は結婚したら後悔する「結婚しない方がいい男」の特徴を解説します。結婚前に本当に彼でいいのか見極めましょう!

結婚しないほうがいい男の特徴

付き合って態度が変わった男

付き合って態度が変わった男

付き合って態度が変わる男性は要注意です。付き合う前は優しいイメージだったのに、付き合った途端あたりがきつくなったり、偉そうな態度をとるようになった男性は、結婚後もエスカレートして亭主関白になる可能性があります。

しかも、外面が良く周りから良い夫として見られたいと思って振る舞うため、家庭の外と内での違いに妻はストレスが溜まる一方……。また、釣った魚にエサをあげないタイプなので、冷たくされてしまうこともあります。

お金を散財する、ケチすぎる男

結婚する上で金銭感覚はとても大切なポイントですよね。高級なレストランで食事、ブランド品を多数購入、友人との付き合いにもお金をたくさんかけるのは、一見太っ腹で男らしくも見えますが、結婚後もその金銭感覚のままだと不安になってしまいます。

散財する癖はなかなか直らないもの。人付き合いでお金を使うタイプならプライドもあるので独身時代のままお金を使ってしまう可能性が高いです。

ケチすぎる男性も要注意。デートで1円単位の割り勘をするくらいケチな男性は、結婚後にあらゆる面で我慢を強いられる可能性があります。

束縛する男

付き合っている段階で束縛をする男性も注意が必要です。結婚後に一緒に暮らすことで、人付き合いやお金の使い方など様々な行動が相手に分かってしまいます。結婚前よりも束縛がひどくなり、行動に制限がかけられてしまいかねません。

人付き合いやお金だけではなく、仕事まで監視されて辞めさせられるなんてことも……。夫と二人だけの世界で周囲から孤立してしまう可能性があります。

上から目線の男

上から目線の男

上から目線で話すタイプの男性も要注意です。男性は教えたがりだったり、頼られると嬉しいと思うタイプが多いですが、それを上から目線で話す男性は、結婚後にモラハラ夫になる可能性があります。

「お前は俺がいないと何もできない」「俺の言うことだけ聞いておけばいい」など、家庭内で上下関係ができてしまい、奴隷のような扱いをされてしまうことも……。

一見頼りがいのある男性に見えますが、上から目線で話していたり、偉そうな態度を取るタイプじゃないか確認した方がいいでしょう。

酒癖が悪い男

お酒を飲むと態度が変わるタイプの男性は、結婚後に苦労する可能性があります。普段は良い人なのに、お酒を飲んだ時だけ暴力的になったり、女癖が悪くなるような男性は様々なトラブルの原因に。さらに、当の本人は覚えていないこともあるのでたちが悪い……。

家族にも暴力をふるうなど、身の危険を感じることもあるので結婚はしないほうがいいでしょう。

家族と仲が良すぎる男

自分の家族と仲が良かったり、家族を大切にしている男性はとても素敵に見えますが、仲が良すぎるのも注意が必要です。

イベントなどでは自分の家族の方を優先したり、家のやり方などを強要される可能性があります。「お母さんの料理はもっとおいしい」など、比較ばかりされイラッ……。

何かあった時に味方になってくれない可能性もあるので、家族と仲が良すぎる男性との結婚は考え直した方がいいでしょう。

おわりに

結婚したら後悔する「結婚しない方がいい男」の特徴を解説しました。自分の彼氏に当てはまるものがあれば、一度結婚を見直してみた方がいいかも……。

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む