どうでいい男ばかり寄ってくるのはなぜ……? 雑魚モテを卒業する方法

いつも、ダメ男好きでもない男しか寄ってこない、所謂「雑魚モテ」してしまうのが悩みの女子。「自分の好きな人にだけ好かれたいよ……」と、風呂上がり、缶ビール片手にやさぐれている女子もいるかもしれませんね。まぁ、これはそのまま筆者の姿なのですが……。そこで、なぜ雑魚モテしてしまう女子がいるのかが今回のテーマです。

※雑魚モテ・・・どうでもいい男性から好かれること

自信がない女子

自分に自信がない女子は、「かわいい子ならもっとイケメンとか優しい男性と付き合えるのかもだけど、私にはこの程度だよね。私のことを好いてくれるというだけでありがたく思わなきゃ」なんて思っている子も。しかし、考えてみてください。女性からすると「男、騙されているよ!」と思うような、外見どころか中身も微妙な女子とイケメンが付き合っていることだってありますよね。気弱そうにしている子や、メンヘラちっくなオーラを醸し出している子の元には「こいつなら俺でも落とせそうかも」と、雑魚が寄ってくるのです。

イイ女はイイ男以外を相手にしていないだけ!

しかし、イイ女は雑魚からモテていないわけではありません。雑魚を相手にしていないだけなのです。例えば、雑魚から食事に誘われたとしましょう。雑魚モテ女子は『断るのも悪いし、男性から食事に誘われることなんて滅多にないし、一回くらいならいいか』と思ってすぐに誘いに乗っていませんか? そんなの、雑魚からしたら最高の釣り堀ですよ。そして、雑魚が調子に乗り、次の段階へ。あっという間に都合の良い女子に成り下がることでしょう。

一方、雑魚モテしない女子の場合、雑魚からお誘いが来ても適当な理由をつけて断りますし、そもそも相手にしないのです。しつこい雑魚はそれでもなんとかして落とそうとしてきますが、たいていの場合、あきらめます。そして「あの女は雑魚には興味がない」と認定された結果、雑魚モテしなくなるのです。

雑魚モテ卒業のタイミングを逃すな!

上記のことは分かるけど、雑魚からでもいいからちやほやされたいと思っている女子、それはそれでかまいませんし、良い経験にもなるでしょう。それに、タイミングだってありますからね。「自分を変えたい、自信のある女子になりたい」と強く願うきっかけがないと、どんなに周りが助言したって右の耳から左の耳に流れてしまいます。自分が雑魚モテから卒業するのは今だ! という波を見つけたら、即その波に乗ってください。そうすれば、雑魚を相手にしなくても精神を保てる自分になれるはずですよ。