「お会計は半分ずつで」初デートで割り勘する男性の本音とは

どんな相手であっても初デートはドキドキして楽しいものですよね。相手が自分に気があるのかないのかをデート費用を出してくれるかどうかで判断する人もいると思います。もし初デートで割り勘だった場合、相手の男性は自分のことをどう思っているの? 迷える女性の本音と、割り勘を申し出る男性の本音に迫ってみました。

男女で違う割り勘についての考え方

男女で違う割り勘についての考え方

初めてのデートのお会計ってちょっと緊張しますよね。もともと友達関係で気心が知れているならまだしも、全くの初対面だとどうしていいのかわからないことも多いと思います。

一昔前だと男性が全部のデート費用をはらうのが当たり前で女性は財布を出したことがないなんて時代もありましたが、現代は様々なシーンで男女平等が叫ばれています。

一昔前ほど絶対に男性が支払いをしなければならないと考えている人は少ないのかもしれません。

女性としては「男性に恥ずかしい思いをさせてはいけない」「会計は女性が出しゃばってはいけない」「男性におごってもらうのが当たり前」と考える人もまだまだいます。

そんな考えを持っている女性は、“自分のためにお金を出してくれることイコール自分のことを好いてくれている”と思っているので、相手が自分におごってくれないと脈がないと感じるのです。

また反対に、女性の中にも男性と対等な立場でいたいからという理由で、おごられるのを嫌がり割り勘を望む人もいます。

もちろん男性のことを思いやって支払いを申し出る場合もありますし、たんに自分の分くらい自分で払えるわという自立した考えの場合もありますよね。男性に偉そうにされるのが嫌だとか、男性に甘えることを良しとしない女性もいます。

一昔前は男性はたくさん稼いで女子供を養っていく。男性は外で働いて女性は家で家事をする。女性にお金を出させるなんて男のメンツにかかわる。

なんてことを考えている男性も多かったのですが、今の若い男性は考え方が柔軟になっていてこういった昭和の男気みたいなものを「古臭い」と感じているようです。

女性に半分支払ってもらうことも普通ですし、おごってもらうのもかっこ悪いとか恥ずかしいとか感じることは少ないようです。

割り勘についての男性側の本音

割り勘についての男性側の本音

もちろん男性も好きな女性や、いいなと思っている女性に対してかっこつけたいと思っている人も多いでしょう。

それを「漢気」と考える女性もまだまだいることは確かです。ごちそうすることで相手に好印象を与えられるのなら、そんなに簡単なことはありません。

お金で解決する問題なので、懐が許す男性はぜひ相手に好印象を与えたければ気持ちよくおごってあげることで大きなアドバンテージをとれることでしょう。

でも実はそれをわかっているけれど、あえてしないという男性もいるようです。その理由は…。

お金がない

本当はおごったほうがいいとわかっているけれど、お金がないのでできない。できれば女性に半分負担してもらって割り勘にするか、おごってくれたら嬉しい。

割り勘にしたときの女性の反応を見たい

おごってもらうのが当然と考えている女性かどうかを見極めたい。今後付き合うことになったらずっと自分が払い続けることになるのが嫌。たまには女性におごってもらったり、割り勘にしたり、または少し費用を負担してくれる人なのかどうか観察している。

おごらなくても次に会ってくれるかどうか確かめたい

おごってもらえるならまた会ってもいいな……。なんて考えている女性なら脈がないなと感じる。純粋に自分と会う時間を楽しんでくれているのかということが重要なので、あえて割り勘を申し出てみる。

相手に興味がなくなった

二人きりでデートしてみたら、予想していたよりもつまらないことがわかって次ぎあうことはないと思った。それなら相手にいい顔をする必要がないので割り勘にして自分が損をしないようにしたい。

割り勘をする男性は脈なし? 女性の本音

割り勘をする男性は脈なし? 女性の本音

女性としては男性にさらっとエスコートされたいという意見が多いのが本音のようです。付き合ったらちゃんと半分払うから、初デートくらいはおごってよ……。なんて思っている人も多いのでは。

でも男性の意見を見ると、男性の中には女性の反応を見るためにあえて割り勘を申し出るという人がいるということがわかりました。

お金がなくておごってあげられないという人も含め、男性は気になる女性に対しておごりたいという気持ちがある人が多いようですね。ただ、なかには割り勘を申し出たときの女性の反応を見てどんな女性なのか試している男性もいるようです。

そんな意地が悪い男性はお断り! なんて人もいるでしょうが、長い付き合いを前提にしている男性や、結婚も視野に入れて相手を選んでいる男性は意外と細かいところまでシビアにチェックしていることが多いです。

もちろん二度目のデートはナシ判定をされて割り勘と言われることもあるので、相手の雰囲気を見極めることが大切です。

割り勘を申し出られても、すべてがNGということではないのでがっかりせずに最後まで気を抜かないことが重要です。

女性のおごられマナー

女性のおごられマナー

男性と会計をする際に、スマートに支払いを済ませるために後で半分払えばいいや…。なんて考えている人はいませんか? できればスマートに見えなくても会計時にはお財布を出して払う気があることを見せてください。

男性の中には女性が払う気があるのを見ただけで満足して「いい子だな」なんて感じるチョロい人もいるようです。「いくらだった? 」なんて言いながら財布を片手に伝票をのぞき込むと、慌てていいよいいよなんて全額おごってくれることでしょう。

もしもいいよと言われたらその後はかわいく甘えてお礼を言って終わりにしましょう。何度も払う払わないのごたごたをするのはかっこ悪いと感じる男性も多いもの。

一度断ったのに、もう一度払うと申し出ると「かわいげがない」とか「自分におごられるのが負担なんだ」なんて思う男性もいるのです。もしもおごってもらうことを負担に感じるなら「次の店は私が払うね」というのがおすすめです。

Written by miichikin

miichikinの他の記事を読む