意外と安心感がある? 好きなじゃない人と付き合うメリットとは

告白されたけど、好きじゃない。「一生懸命にアプローチしてくれるから、とりあえず付き合ってみようかな……」 と悩んだことはありませんか? 今回は、好きでもない人と付き合ったらどうなるのか? メリットとデメリットを加えて紹介していきます。

もし今お悩みの中の方は、後悔がないように自分の心と向き合って答えを出してくださいね。

好きじゃないのに付き合うとどうなる? メリット編

安心感を感じられる

安心感を感じられる

自分のことを好きでいてくれる人が側にいることで、安心感を感じられます。1人でどこか心細かった気持ちも、愛されることで元気になってきます。

特に女性の場合は、恋人として過ごす時間が増え「この人って頼りになるな」、「心強いな」と相手を男性として意識するようになると、恋愛感情が生まれる可能性も出てきます。1人で寂しいな不安だなと思っている人は、付き合ってみるとメリットが多そうですよ。

相手とほどよい距離を保てる

自分からすごく好きになった人と付き合うと、相手のことばかり考えてしまいませんか?「今誰といるんだろう?」、「LINEの返事が遅いけど、まさか……」とか、余計な心配をしてしまう。仕事が手につかないなど、精神的に不安になってしまう可能性があります。

それほど好きじゃない人とはどこか冷静に付き合っていけるもの。自分の時間も楽しめて、意外と充実した生活を送れるのでは?

自然体でいられる

好きな人といると、相手にどう思われるかを気にしてしまいがちですよね。好きじゃない人に好かれる人って多いと思うんですけど、それは自然体でいられるから。自然体でいる姿って、とっても魅力的なんです。

相手に良く思われようと気を遣うこともなく、自然体でいられるのってとっても楽です。ときめきよりも安心感を感じたい人は、とりあえず付き合ってみてもいいのかも。

好きじゃないのに付き合うとどうなる? デメリット編

新しい出会いを探せない

新しい出会いを探せない

とりあえず付き合ってみたものの、もっと他にいい人がいるかもしれない! と思っても、交際相手がいるため大っぴらには出会いを探せません。付き合っているときに、「素敵だな」と思う人に出会ったとします。

でも、彼氏彼女持ちだと相手にアプローチすることはできませんよね? こんな時に限って出会いが……。と、チャンスを逃すことになるかもしれません。

罪悪感を感じる

好きじゃない相手と付き合うのは、心に負担がかかります。なぜなら、好きな気持ちに温度差があるからです。 

  • 相手の気持ちに答えられない
  • 相手の気持ちが重く感じる
  • スキンシップが億劫

相手と付き合うことで罪悪感を感じるようだったら、お互いのために違う道を選んだ方がいいかもしれません。

時間が無駄になったと後悔する

相手のことを好きじゃない状態で付き合うと、「好きになれるかな?」とか、「相手は、こんなに好きでいてくれているのに……」とか、余計なことを考えてしまいませんか? 相手といることを楽しめず、違和感を感じながら付き合っていると結局別れることになってしまいます。

「もっと早く別れる決断をしておけば良かった!」、「 時間が無駄になった」と後悔しないよう気を付けましょう。

決断できず、ずるずる付き合う

相手の気持ちを優先に考える人は、いつか好きになれるかも! と頑張ってしまいがちです。もう自分の中で結論が出ているのに決断できず、ずるずる付き合ってしまい時間を無駄にしてしまうかもしれません。

優柔不断な人や周りに流されてしまう人は、ずるずるつきあってしまう可能性があるので、とりあえず付き合ってみるという選択はおすすめできません。

好きでもない人と付き合った その後は上手くいくのか?

ほとんどのカップルは別れる

ほとんどのカップルは別れる

私の周りやアンケート調査の結果を見みると、好きじゃないのに付き合った人の殆どは別れに至っています。関係が続くカップルは1割程だそうです。

「じゃあ、付き合わない方がいいじゃん」と思うかもしれませんが、付き合うことに対し前向きに感じられるのなら、付き合ってみましょう。付き合ってみないと、どうなるか誰にも分からないので! 

でも、やっぱり好きじゃないと思ったらすぐ別れる勇気が必要です。私は「せっかく出会ったから、いつか好きになれるかも」と思って、ずるずる付き合って2年程時間を無駄にしたタイプです。

おわりに

好きじゃない人と付き合うのって、なんだかデメリットが多いと感じるかもしれません。1番は、自分はどうしたいのか? どう感じたのか? が大切です。

もし、告白されたけど付き合うべきかを悩んでいる人がいるなら、メリット・デメリットを踏まえて、決断してみましょう。マイナスからの決断ではなく、ポジティブな思いを乗せた決断だと上手くいく可能性大です。

Written by ココロン

ココロンの他の記事を読む