男性が「好きな女性」だけにする本気のアプローチ4選

男性が自分に気があるんじゃないかと思ってもどこまで本気なのかというのはなかなか見極めるのは難しいですよね。しかし、男性のアプローチというのは女性が思うよりもシンプルなものというのことはご存知でしょうか?

ということで、今回は男性が好きな女性に見せる本気のアプローチについて男性目線で徹底解説していこうと思います。

男性が好きな女性に見せる本気のアプローチ

会おうとしてくれる

会おうとしてくれる

会おうとするのは好きな女性に対する男性の本気のアプローチの一つです。これは知らない女性も多いかもしれませんが、男性の恋愛における好きには比例して余裕のなさがよく見えます。

「会ってアプローチをしないと誰かに取られてしまう」、「少しでも自分のことを見ていて欲しい」というような余裕のなさが好きな女性に対しては見えてしまうものなのです。

よく女性でも会いたいのは自分だけなのではないかと苦しい片思いしている方がいますが、そういった恋が実りにくいのは男性から見ると自分が会おうとしなくても勝手に好きでいてくれて会いたいと思ってくれるような余裕を与えてくれる女性であるから。

しかし、片思いをしている当の本人は少しでも振り向いてもらう為にどんどん依存して余裕がなくなってしまうのでしょう。そういった点から考えてみても、脈あり男性の余裕のなさは好きに比例すると考えてみても良いのかもしれませんね。

一途アピールをする

男性は好きな女性に対して一途さを利用して本気のアプローチを仕掛けていきます。

体の関係を求めている男女間においてだと男性は遊んでいるアピールやモテるアピールをするものなのですが、本気でアプローチをしたいと思うほど好きな女性に対してはどれだけ自分の誠実さと本気さを伝えられるかを考えている為、一途さをアピールしがち。

やはり多くの男性が本気で惚れる女性像というのは誰もが簡単に付き合えるような女性ではありません。そして、そんな女性に好気になってもらう為には誠実さや本気さで自分を特別な存在として認識してもらう必要があるのでしょう。

これは男女共に言えることなのかもしれませんが、一途さというのは相手の恋愛に対する本気さを見計らう為にはとても重要な要素になることは覚えておいた方が良いかもしれませんね。

時間をかけてくれる

男性は本当に好きな女性に対してはしっかりと時間をかけることで本気さをアプローチしていきます。

これは先ほども少しお伝えしましたが、男性は好きな女性に対しては誠実さや本気さを伝えたいものであり、逆に「遊び」であるとは絶対に思われたくないもの。

その為スキンシップなども積極的に行わなかったり、終電の時間を気にしてくれたり、付き合う前の段階で体の関係に持ち込もうとする姿勢などはまず見られません。

これは付き合ってからも言えることになるのですが、男性は本当に大切にしたいと思う女性に対しては自分の欲求よりも我慢しないとという理屈が勝るものですからね。

もし自分の気になる男性が本気なのかどうかを見極めたい時にはどれだけ時間をかけてくれるかに注視してみると良いでしょう。時間の経過と共にその男性の本性は見えてくるものですよ。

将来への安心感をチラつかせる

これは男性が意識してアプローチしているというよりも無意識の中で行われる本気の女性に対するアプローチなのですが、男性は好きな女性に対しては話の中で将来への安心感を伝えようとします。

もし高所得の男性であれば自分と付き合えば経済面などで幸せにできるということなどを、逆に低所得の男性であれば自分自身が家事や子育てに積極的に参加したいということなどをアピールしがち。

これは本気で結婚などを考えている場合などに自分との将来に対して安心感を感じて欲しいという気持ちから、意識していなくとも良いところを見せたいという心理が表立って見えてしまうことが背景にあります。

なかなか付き合う前に将来の話などをする機会はないものですが、逆に言えばそんな中でも将来の話をしてくる男性はある本気だと考えてみても良いのかもしれませんね。

男性の好きは言葉よりも行動に現れる。

男性の好きは言葉よりも行動に現れる。

最後に、男性の好きという気持ちは言葉よりも行動に現れやすいということは覚えておいてください。

あなたを本気で手に入れたい男性は「会いたい」と言うよりも会いに来ようとしてくれるものですし、約束を一度すれば例えそれが小さな約束であったとしても決して破ることはありません。

そして、逆に行動よりも言葉が先走るタイプの男性は要注意です。何故ならそういった男性は自分に余裕ができてしまえばあとは女性を自分にとって都合よく扱おうとするだけですからね。

迷った時には言葉よりも行動を見る、この言葉は付き合う前も付き合ってからも変わらずに心に刻み続けておいてください。

Written by せったーくん

せったーくんの他の記事を読む