ずっと味方でいてくれる「大切にした方がいい友人」の特徴

交友関係はライフステージによって変化していくものですが、なかには「この先もずっと仲良くしたい」と思う友人がいます。そう思わせる友人とは、その他の友人と何が違うのでしょう?

今回は、大切にした方がいい友人の特徴についてご紹介します。あなたには思い浮かぶ友人はいますか?

大切にするべき友人の特徴

利害を超えた関係性

利害を超えた関係性

友情とは利害から成り立つものではありません。常に見返りを求めてくるような人には注意が必要です。

大切にするべき友人は、利害に関係なく困っているところを見れば手を差し伸べてくれます。利害を超えた厚い信頼関係を築ける友人は今後も大切にしましょう。

相手のためなら自分が損をしても構わないと考えられるような相手であれば、あなたにとって非常に大切な存在になりますよ。

似ている部分がある

性格や言動など、似ている部分が多い友人は、あなたにとって大切な存在である可能性が高いです。

もともと似ている部分があったという場合も多いですが、実は一緒に過ごした時間が大きく関係しているかもしれません。また、似ているところが多い相手とは親しみを持って話しやすいため、より二人の距離は縮まります。

間違っていることを指摘してくれる

人間誰しも間違いを犯すもの。けれど、どうでもいい相手であればあえて注意はしませんよね。実際に、誰かの間違いに気づいても指摘しない人の方が多いのではないでしょうか?

しかし、あなたの間違いをしっかり指摘してくれる友人は、あなたのことを本当に大切に思うからこそ過ちを正してくれるのです。

肯定することが全て正しいとは限りません。相手のためであるかどうかが極めて重要ですよ。

見せかけの友人には注意!

見せかけの友人には注意!

ここまで、大切にした方がいい友人の特徴についてご紹介しましたが、なかには自分の利益だけを考えて近づいてくる人もいます。そのような見せかけの友情には十分注意してください。

このような人は自分本位な考えを持っているため、相手のことなど一切考えていません。自分さえ得すればいいと思っているので、あなたが傷ついても全く気にしないのです。あなたを信用して頼っているのではなく、利用するために近寄っている可能性も十分あり得ます。

また、うわべだけでつながっている友人も、あなたのことをどうでもいい存在として認識しているかもしれません。仲が良さそうに聞こえる会話のほとんどは社交辞令で、遊ぶ約束も口先だけ、実行に移されることはないのです。

このような存在は大切にするべき友人とはとても言えないでしょう。

どうすれば見極められるのか?

では、一体どのような相手を友人として大切にしていけばよいのでしょうか? 次は、一生大切にしたいと思える友人がどのような人物なのか見極める方法についてご紹介します。

秘密を守ってくれるか

あなたの秘密を守ってくれるのは、あなたを大切に思っている証拠。見極めるために、なにか相手に秘密を告白してみましょう。その後、周囲に口外していないか密かに確認してみてください。

口が堅い人は相談相手としても適しているため、身の回りにいる場合は大切にするべきです。

素直に喜んでくれるか

素直に喜んでくれるか

結婚や出産、出世など、大きなライフイベントがあった際、素直に喜んでくれるかどうかチェックしてみてください。

ただうわべだけの「おめでとう」という言葉ではなく、自分のことのように喜んでくれるかどうかが重要です。心からの祝福であれば、相手はあなたを大切に思っています。これからも関係を大事にしてください。

万が一祝福されなかったとしたら、あなたにとって本当に大切な存在ではないのかも……そのような場合は一度付き合い方を見直しましょう。

会っていなくても関係が変わらない

時間と共に人は変化していくもの、昔と同じように接することができなくなる人も多いですよね。

その一方で、久しぶりの再会でも昔と変わらず接することができる人もいます。このような人は価値観や考え方が似ていることから、再会を果たした瞬間に昔の関係が蘇り、全く違和感なく話せるのです。

ライフステージをまたいで関係が続いているのであれば、一生の付き合いになる可能性が高いですよ。

おわりに

今回は、大切にした方がいい友人の特徴や見極め方についてご紹介しました。

本当に大切だと思える友人は、あなたの人生を豊かにしてくれます。お互いにとって特別な存在として、相手を尊重しながら良好な関係を保っていくことが重要です。

このような特徴を持つ友人がいたとしたら、決して手放してはいけませんよ。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む