人を遠ざけているのは自分⁉ 友達ができない人の5つの特徴

「友達ができない…」と悩んでいませんか? 友達ができないのは、「自分の性格が影響しているから変わるのは無理」、「見た目が悪いせいで後悔している」など、どんどん悲しい感情を抱いてしまうことにも繋がります。そこで今回は、友達ができない人の特徴や友達ができない人の特徴に触れていきながら、どんな関わり方をすべきがご紹介します。

友達ができない人の特徴とは

積極的に行動できない

積極的に行動できない

友達ができない人は自ら積極的に行動できない人に多く見られます。「友達をつくる自信がない……」「私なんか相手にされない……」なんて決めつけていてはいけません。

不安に思うかもしれませんが、自ら友達を作りに行こうと行動しなければ、友人との良好な関係は生み出せないのです。

ネガティブな発言が多い

友達ができないと悩む人は、ネガティブな発言が多いです。「面倒だ」「ダルい」「無理」などマイナスなイメージを抱く発言は、人が近寄らなくなってしまいます。

ネガティブなワードがたくさん出されれば、相手も疲れてしまうからです。周囲の気力もなくさないためにも、マイナスの発言には気を付けるようにしましょう。

悪口ばかり言っている

人との会話や独り言が悪口ばかりになっていませんか? 悪口が多い人は友達が少ない典型的な性格の一つで、自分のことは棚に上げておいて悪口を言っている姿にどうしても納得できない人がいるからです。

自分は悪口が言えてスッキリするかもしれませんが、言われている身からしたらどうでしょう? とても悪口を言っていた相手を好きになるなんて思えないはずです。悪口ばかりで友達ができにくい人にならないように注意しましょう。

自己中心的な性格

自己中心的な性格も友達ができにくい一つの要因です。自己中心的な人は相手に興味・関心が沸きにくいせいか、相手の話にあまり耳を傾けない傾向にあります。

また、自分の話ばかりする人も自己中心的な性格に当てはまります。常に自分が和の中心でいたいと思っている相手とは、会話していても楽しくありません。知らず知らずのうちに自己中心的な性格が会話に表れていないか、振り返ってみることが大切です。

自分の考えを他人に押し付けている

学歴が優秀、仕事ができる、異性からモテるなど、そういったステータスを持っている人の中には、自分の優秀な考えを相手に押し付けようとする人がいます。

これは、人によってはありがた迷惑な話です。人はそれぞれ性格が異なり、考えていることも違います。自分と同じ物差しが、他人にも通じるとは限らないのです。

すぐに誰とでも仲良くなれる人との違いって?

自分の考えを他人に押し付けている

ここでは、どんな人ともすぐに仲良くなれる人の特徴を見ていきましょう。友達ができない人とは、どのような違いがあるのでしょうか? ぜひ、こちらも参考にしてみてください。

自分から話しかけることが多い

誰とでも仲良くなれる人の多くは、友達になりたい人に自ら話かけることができる人がたくさんいます。また、話しかける際は、笑顔で話そうとする点もポイントです。打ち解けやすい明るい雰囲気なので、相手も心を開きやすく、すぐに友人関係になれるのです。

中には笑顔を作るのが苦手という人もいるかもしれません。友達が多い人でも、笑顔を作るのが苦手な人はたくさんいます。

「とにかく自分から話しかけなきゃ」「笑顔で頑張る」といったことを自身が心掛けるだけで、話かけやすいオーラを発することが可能です。人との関わりが少ない方は、まずはこちらを意識してみましょう。

ポジティブに考えることが多い

ポジティブな考えの人は辛いことがあっても前向きで、一緒にいて明るくなれる、楽しいと思われやすいです。そのため、ネガティブな人と比べて、周りに人が集まりやすく友人が増えやすくなっています。どうしてもポジティブになれないという方は無理をする必要はありません。

ただ、ネガティブに考えてしまう癖は直すようにしましょう。一歩でもポジティブな性格に近づけるように、変わる意識を持つことが大事です。

他人に興味・関心を抱いて接している

他人に興味や関心を抱いている人は、友人が増えやすい傾向にあります。誰かと話をする際に、自分に興味を持たない人と話していてもつまらないと感じるでしょう。

それと同じようにあなたから興味や関心を感じられなければ、相手が自ら話を続けたいとは感じにくいのです。人の話にはしっかりと耳を傾けたり、相手の気持ちに共感したりと、思いやりを持って接しながら興味や関心があることを示していきましょう。

相手を立てる話し方をする

いざ勇気を出して話かけてみたのは良いものの、どんな会話をすればいいか悩んでしまう人も多いはず。会話の内容は何でも構いませんが、相手を立てるように話を続けるのが大事です。

相手が話している際は、話を遮らず、相手を褒め、自分が放す際は自慢話より失敗談を語るようにしましょう。たったこれだけで、相手からの印象を良くすることができ、自己中心的ではない人想いの性格であることを伝えられます。

おわりに

相手を立てる話し方をする

今回は友達ができない人の特徴、友達ができやすい、友人が多い人の特徴を挙げてみました。友達ができない人は、ネガティブ思考で他人を寄せ付けないオーラがある人が多いです。

一方、友人がたくさんいる方は明るく、いつでも輝いてみえます。人の第一印象を左右するのは90%以上が目から入ってくる情報です。明るい雰囲気を意識して、会話中は話している相手の気分が良くなる会話を目指しましょう。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む