金銭感覚のズレがでてきて…「お金が原因」で別れるカップルの特徴とは

カップルが破局する原因は様々です。その中に、お金が関係しているケースも少なくありません。今回は、お金が原因で別れることになったカップルの共通点や金銭感覚が合わない時の対処法について解説していきます。お金が原因で別れるのを防ぎたい人は必見です。

お金が原因で別れるカップルに共通する特徴とは?

お金のトラブルが多い

カップルが破局する原因は色々あるので一概には言えません。しかし、お金が原因で別れるカップルは多く見られます。最初に、お金が原因で別れるカップルに共通する特徴からみていきましょう。

どちらかに借金がある

借金には、奨学金やマイカーローン、事業用の借り入れなども含まれます。そのような借金であれば問題ないと考える人も多いでしょう。しかし中には、趣味に使うためのお金をカードローンやリボ払いで賄っている人も。

安定した収入があり、マイカーローンなどを組んでいるなら不安要素になりませんが、カードローンやリボ払いを常用している人には不安しか感じられません。結婚を前提に考えている時に、借金が発覚したら誰でも別れたいと思うもの。

どちらかが貯金ができない

カップルのどちらかが貯金できないタイプだと、それが原因で別れるケースもあります。収入が少なくて、生活で余裕がない状態なら仕方ないと感じるかもしれません。

ですが、ギャンブルなどにハマっていて貯金ができない場合は別れを告げるきっかけになるでしょう。

「お金がない」が口癖になっているのに、コンビニにちょくちょく寄ったり、高額な買い物をしたりすると、周りから見ると「無駄遣いが多いだけ」という認識を持たれることに。

計画的にお金を使えないと将来の不安も募ってしまいます。その結果、破局することになってしまいます。

どちらかがケチ

どちらかがケチなカップルも長続きしない傾向があります。外食費をケチって出かけることが少なかったり、自炊の方が安くなるからといって彼女に作らせてばかりだったりすると、どこかのタイミングで我慢できなくなってしまうことになりますよ。

何か目的があって2人で節約を頑張りたいなら問題ありませんが、どちらかの負担が大きくなるような無理な節約は破局につながります。

お金が原因で別れるカップルに共通する特徴には、このような点が挙げられます。価値観の違いが破局の原因になっているんです。

金銭感覚が合わないけど別れたくない! そんな時の対処法はある?

どちらかがケチ

金銭感覚や価値観が合わないと別れる原因になってしまいます。それでも、別れたくないと考える人もいるでしょう。次は、金銭感覚が合わないけど別れたくない場合の対処法をご紹介します。

しっかりと話し合う

お互いに価値観をしっかりと話し合うことは、2人の関係を維持するためにも重要です。お金の話はあまりしたくないと考える人が多いですが、結婚を前提に考えているなら話し合うべきです。

違和感を覚えた状態ではストレスが溜まってしまい、どこかで爆発してしまう可能性も…… そうなると関係の修復が難しくなってしまうので、前もって話し合っておくようにしましょう。

お互いに譲れないポイントを認め合う

どうしても譲れないポイントは、誰にでもあるでしょう。趣味が違うと、相手のことを軽んじてしまうケースが多いです。しかし、どちらかが妥協しなければいけない状況になれば、どんどんストレスが募っていきます。

ストレスを抱えたままでは、良好な関係を築くことはできません。長く一緒にいたいと思える相手なら、相手を尊重しながら打開策を考えてみてください。

それぞれが使う分は個人で管理する

それぞれが使う分は個人で管理するのも、金銭感覚が合わないけど別れたくない場合に有効です。2人で使う生活費などは出し合い、それ以外は自分で管理すると、金銭感覚の違いによるストレスを感じにくくなります。

お互いに使う分を管理しておけば、お金が足りなくなったら自己責任となります。

この時に気をつけたいのは、相手はお金に困った時に貸さないことです。一度でも貸してしまうと癖になり、依存されてしまう可能性が高まるからです。

このような対処法を講じることで、金銭感覚が合わなくても別れずに済むようになります。交際を続けたいなら、ぜひ今回紹介した対処法を実践してみてくださいね。

おわりに

それぞれが使う分は個人で管理する

交際を続けていく中で、何らかの問題に直面してしまうことがありますが、それを乗り越えることでより仲が深まっていく場合が多いです。

ですが、お金が絡んだ問題だとお互いに妥協できず、破局につながってしまう場合もあります。交際を続けたいと思っていても、妥協できずにぶつかるようでは良好な関係は築けません。

そのためにも、お金が原因で別れるカップルに共通する特徴を知り、別れたくない時の対処法を実践してみましょう。

それでも改善が難しい場合は仕方ありませんが、より良好な関係を築くきっかけになる場合もありますよ。将来を見据えたお付き合いをしているなら特に、今回紹介したポイントは重要になるので覚えておいてくださいね。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む