2人きりになるのを避ける… 男性が「どうでもいい女性」にする3つの行動

好意を寄せる男性ができたら、少しでも自分に振り向いてほしいもの。距離を縮めるために積極的に話しかけたり、デートに誘ったりしたいですよね。

ところが、女性側が頑張っても意中の彼は何となくツレない態度……。こんなことってありませんか? もし、それに当てはまっているのなら、彼にとってあなたはどうでもいい女性なのかもしれません。その気がない彼に貴重な時間を費やす前に、男性がどうでもいい女性に対してする行動にについて知っておきましょう!

2人きりで話したり会ったりするのを避ける

2人きりで話したり会ったりするのを避ける

男性は好意を寄せる相手には、少しでも自分のことを知ってもらいたいがゆえに、できるだけ誰にも邪魔されない時間や空間を持ちたいと思うものです。つまり、好きな相手と2人きりになろうとします。

しかし、どうでもいい女性に対しては2人きりになることを避けてしまいます。なぜなら、どうでもいい女性に自分を理解してもらう必要はないですし、わざわざ一緒に時間を過ごすよりも、別のことをした方が良いと思っているからです。

また、男性にはどうでもいい女性と2人きりになりたくない他の理由もあります。それは、相手に勘違いされたくないからです。

どうしても「2人きり」になると、それ自体が特別な意味合いを持ってしまう可能性もあります。男性側はただの世間話をしていたと思っていたとしても、女性にとっては2人きりのときに話した会話は、恋愛めいたものを感じてしまう場合も……。

誤解が生まれやすい「2人きりになること」は、後々厄介なことにもなりかねないのです。

なぜか具体的な話や計画が進まない

好きな人とは表面上だけではなく、もっと深くて感情を共有できるような話がしたいですよね。いつまでたっても差しさわりのない話ばかりでは相手と理解しあうのは難しいですし、一緒に行動しないことには分からないことも多いです。

お互いに好意があるなら、自然と2人の会話も具体的になりますし、「今度○○に行って遊ぼうよ」などという流れになるでしょう。

ところが、どうでもいい女性なら、「男性は具体的になること」を出来る限り避けようとします。例え、社交辞令であっても、どうでもいい女性に対して込み入ったことを聞いたり、「そのうちご飯にでも行こうね」と言ったりしたら、どんどん恋愛モードに入ってしまうからです。

そうこうしているうちに、本気になったどうでもいい女性に追いかけまわされる場合があり、結局は押し切られてしまうケースもあるので、具体的な話や計画を示さないのは、男性にとって予防線を張りたいというサインだと言えます。

デートにこぎつけても次はなさそうな雰囲気

基本的に男性は、どうでもいい女性とはデートをしないことが多いです。しかし、職場や学校などの所属コミュニティーが一緒で、どうしても断れない場合もありますよね。

そういうケースのときは、しかたなくデートが実現する可能性も。ただ、一応2人で会ったとしても、男性側は「これはデートだ」と捉えていないこともあるのです。

女性側は「彼とデートできるってことは脈あり!」だと感じてしまうかもしれませんが、男性にとっては仕事や学校の課題をこなすようなもの。とりあえずやらないことには自分にとってマイナスになるので、遂行していると言って良いでしょう。

つまり、男性にとっては目の前のこの時を何とかこなすのが目的ですから、「今を楽しくして次の機会にもつなげよう」という意思は低いです。そのため、「次も会いたいね。いつが空いてる?」などという話は出て来ないでしょう。

どうでもいい女性に認定されたら、一旦彼への恋はお休みに

どうでもいい女性に認定されたら、一旦彼への恋はお休みに

最初は、好きな彼にどうでもいい女性認定をされていたけれど、根気強く頑張って結果的にゴールインしたという人もいます。

しかし、上手く行くケースは多いとは言えないので、その恋にしがみついていても疲労困憊や心理的に不安定になってしまったり、貴重な時間を無駄にしてしまったりということがめずらしくありません。恋をすることは素敵ですが、自分自身がボロボロになる可能性があるのなら、元も子もないですよね。

もし、自分が意中の相手に「どうでもいい女性」だと思われていることに気づいたら、躍起になって押せ押せモードはやめて、とりあえず彼への恋はお休みすることが大切です。

このように彼と距離を置くことで、今までとは違った感情が生まれてくるかもしれません。実はこのお休み期間に、「冷静になってみたことで意外な彼の欠点が見えて嫌になった」「落ち着いて考えたことで、彼への執着がなくなった」と感じる場合もあり、自分の本当の気持ちが見えてくることが大いにあります。

ただ、恋自体をお休みしなさいということではありません。好きな彼への恋はストップしているけれども、視野を広げて別の男性を見てみることは、もちろんOKです。そういうときに、本当の運命の男性との出会いがやってくることもあるのですから。

Written by misudu

misuduの他の記事を読む