今年のバレンタインはどう過ごす? チョコに続く新定番とは

バレンタイン目前ですが、プレゼントするチョコレートやバレンタインデートの予定は決めましたか。今年のバレンタインデーは土曜日ですから、ゆっくりデートする時間がある人も多いはず。みんなはいったいどんなデートをしたいと思っているのか、ちょっと気になりますね。

今年のバレンタインはどう過ごす? チョコに続く新定番とは
「20~49歳の既婚、もしくは未婚だがパートナーがいる男女」420名を対象に実施された「バレンタインに関する意識調査」の結果を見てみましょう。調査は1月9日から13日にかけて、インターネットで行われました。(「米国食肉輸出連合会」調べ)

今年のバレンタインデーは土曜日ですが、「今年のバレンタインはどの ように過ごしたい(過ごす予定)ですか」という問いでは、「自宅でゆっくり過ごしたい」と答えた人が51.0%となりました。週末で出かける時間がたくさんあっても、「外食をしたい」「旅行に行きたい」という回答を上回り、自宅でゆったり二人きりで過ごしたい「おうちバレンタイン派」が多いことがうかがえます。


おうちで過ごすなら、チョコレートをプレゼントするだけでなく、料理を作ってあげるという人も多いはず。「あなたが配偶者・パートナーとおうちでデートする際にしていること、またはしたいことをお答えください」という問いに47.6%の女性が「いつもより手の込んだ料理をつくる」と回答しました。

具体的に、「バレンタインに作ってあげたい手作り料理メニューをお答えください」と聞くと、44.8%の女性が「ビーフシチュー」と回答。ほかにも、ローストビーフやステーキといったメニューが上位にランクインし、牛肉料理が人気であるとわかりました。


「あなたが“ごちそう”だと感じるメイン料理の食材をお答えください」という問いでは、87.1%もの人が「牛肉」と回答。牛肉が食卓に並ぶことで、スペシャルなものに感じられることが、牛肉人気の理由なのかもしれませんね。

最近は熟成肉が話題になったり、肉ブームが続いています。肉ブームを実感している人を対象に、「最近流行していると思う肉をお答えください」と聞いてみると、92.1%の人が「牛肉」と回答しました。特に「牛肉」が肉ブームを引っ張っているようです。


そういった肉ブームの影響もあってか、牛肉を使ったご馳走を囲みながら、家でゆったりとバレンタインデートをしたいと思っている人が多いのがわかりますね。わざわざ人の多い場所に行くより、家でふたりきりで温かい手料理を囲むほうがいいという気持ちに共感する人も多そうです。

お肉の中でも特にブームで、“ごちそう感”の味わえる牛肉を使った手料理とともに、今年のバレンタインをおうちで過ごしてみては? 寒い冬の日に、アツアツのビーフシチューをご馳走すれば、バレンタインデートがもっと盛り上がりそうです。ビーフシチューをつくったことがないという人は、ぜひこちらのレシピ(http://www.americanmeat.jp/csm/recipe/special/valentine2015/)を参考にしてみて。

ビーフシチューには手間がかかるイメージの方も多いかもしれませんが、こちらは「材料をすべて鍋に入れて煮るだけ」レシピなので、簡単にできます。さらに、ビーフシチューに合うサラダのレシピや、オススメのワイン、デザートもご紹介。

チョコレートに続く、バレンタインの新定番にビーフシチューはいかがでしょうか? これまでとは一味違う、もっとハッピーなバレンタインが過ごせるかも。

・米国食肉輸出連合会
公式サイト(http://www.americanmeat.jp/index.html)                      

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…