このセリフが出たら要注意…浮気をする男性がよく言うセリフ5選

みなさん今の恋人のことをしっかりと信じることはできていますか?

今は楽しく付き合っていても浮気をしているのではないかという不安はどうしてもついてくるものですし、過去に浮気をされた経験がある方であれば尚更不安なはずでしょう。

ということで今回は、女性に知っておいてほしい「浮気をする男性がよく言うセリフ」について男性目線から徹底解説していこうと思います。

浮気する男性がよく言うセリフ

俺は一途だから

俺は一途だから

素直で真面目な女性ほどこの言葉に騙されてしまうものですが、これは浮気をする男性が最もよく言うセリフです。本当に一途な男性はこんなことわざわざ口にはしません。何故なら言うまでもなく日頃の行動で示しているからです。

逆に浮気する男性は一途さをアピールしなければ自分の思い通りに進めることができないので、一生懸命一途アピールをするということを覚えておいてください。

そもそも真剣な恋愛において一途さというのはアピールしなくとも一緒に過ごしていくうちに自然に相手に伝わるものです。

しかし、短期間で女性に気に入られたい、深い関係に持ち込みたいというような不誠実な男性にとって、このセリフは一番効率よく相手に好いてもらうのに使い勝手が良いものなのでしょう。

一応……

浮気をしている、または浮気したいと考えている男性にとって、一番隠したいのは恋人の存在。この「一応……」というセリフは、浮気をする男性が「彼女とかいるの?」と聞かれたときに濁すために使います。

一応付き合っていると言えば、不誠実な相手女性であれば「いける!」と心の中で思うものですし、男性的にも「もしかして彼女とうまくいってないの?」という言葉を待っています。

また、恋人のいる男性が好きという厄介な女性も意外に多いらしく、そんな女性からしてみれば最適な相手なので、どちらにせよこの言葉は浮気をしたい男性にとって非常に都合が良いのです。

こういった言葉を使う狡賢い男性は、誤魔化したり言い訳をするのが上手いので、できるだけ疑いが生じた時点で浮気の基準などを明確にしておいた方がいいかもしれませんね。

忙しい

忙しい

浮気をする男性は、自分の浮気がバレないようにこのセリフをよく使います。

本当に恋人のことを思っている男性であれば、どれだけ忙しかろうが恋人の寂しさを紛らわすための努力をしてくれたり、少しの時間でもできるだけ会おうと時間を作ってくれるもの。

しかし浮気をする男性は、浮気という目先の欲求にとらわれるあまりこのセリフに頼ってしまいがちです。環境が変わったわけでもないのになんだか忙しさを理由に雑に扱われる機会が増えたと感じた場合は、浮気を疑った方がいいかもしれません。

今何してる?

浮気をする男性は恋人が今どこで何をしているのかを少しでも知っておきたいので、このセリフをよく言います。

やはり浮気がバレるのは怖いので、万一遭遇してしまったら……というリスクがどうしても頭の中にあるもの。また、中には相手のスケジュールを知った上で安心して遊びたいという男性もいます。

もし恋人が誰かと遊ぶと返せば「連絡気にしなくてもいいからね」と一見気を遣っているように見せて自分も好き放題遊ぶことができますし、相手の場所もわかれば自分も会わないであろう場所で遊べますからね。

基本的に今どこで何をしているのかを聞いてきても別に電話するわけでも会いたいと言うわけでもない場合、浮気をしている可能性は結構高いででしょう。

君しかいない

君しかいない

この言葉自体は、本当に愛してくれている人からの言葉であればとても嬉しいものかもしません。しかし、浮気をする男性がよく言うセリフでもあることを頭の片隅にでも置いておいてください。

これは全女性に知っておいてほしいことなのですが、恋愛において自分が愛されているか否かを指し示す指標は言葉ではなく行動です。所詮言葉というのは飾りのようなものでしかなく、誰だって簡単に言うことのできるものですからね。

もしあなたが彼に愛の言葉を囁かれても次の日になればまた寂しさや不安が増すような関係なのであれば、浮気をされている可能性は十分にあると思います。女性は深く複雑に考えますが、男性の愛は単純ではっきりとしているものですから。

浮気をする男なんて切り捨てろ

浮気をされた時に大切なことは、彼に変わってもらおうとすることではなく「私を大切にしないならすぐ切り捨ててやる」くらいの強い気持ちです。

浮気をするような不誠実な相手に対して誠実でいようとする前に、まずは自分の幸せを最優先にすることを絶対に忘れないでください。

浮気をするようなクズ男なんて私には必要ないわ、という強気のスタンスでいきましょう。

Written by せったーくん

せったーくんの他の記事を読む