原因は自分にあった⁉ 人間関係で孤立してしまいがちな人の特徴4つ

異なる価値観が集まる職場や学校では、些細な出来事がきっかけで孤立してしまう人がいます。人間関係の悪化はストレスにもつながり、精神的な負担も大きくなることに。

そこで今回は、人間関係で孤立しがちな人の特徴や解決方法についてご紹介します。人間関係に苦労している人はぜひ本記事を参考にしてみてください。

人間関係で孤立する人の特徴

人間関係で孤立する人の特徴

職場や学校、日常生活など、様々な場面で孤立してしまう人には一体どのような特徴があるのでしょうか?

協調性に欠ける

協調性に欠ける人は孤立しやすいです。

相手に気持ちを伝えるために自分の意見を主張することは大切ですが、時には周りの人の意見に同調することも大切です。他人の意見を全く聞かず、自分の意見ばかりを述べるような人は敬遠されてしまいます。

協調性がない人は空気を読むことも苦手で、その場の状況を把握するのも難しいです。そのせいで、相手に不快な思いをさせたり、臨機応変に対応できなかったりと、トラブルの原因を作ってしまうことも。

また、自分本位な行動も目立つことから、思いやりの心が欠けていると見られがち。マイナスのイメージが強く、周囲からどんどん人が減っていきます。

コミュニケーション能力が低い

このタイプは人と接するのが苦手なため、自分の気持ちを伝えるのはもちろん相手の気持ちを理解する力も不足しています。

たとえば、会社で普段から何気ない会話をまったくしていないと業務に関する質問もしづらくなり、結果として孤立状態に陥ってしまいます。周囲からも「話しかけづらい」と思われてしまうことも。

また、孤立しやすい人は、自分の話をするのが好きでも人の話を聞くのが苦手。最後まで話を聞かずに途中で遮ってしまうことも多々あるようです。

否定から入る

否定から入る

「でも」「それは違う」と否定から入る人も、周囲を不愉快な気分にさせるため孤立しがち。普段から否定の言葉を口にする人は無意識のことも多く、注意が必要です。

自己顕示欲が強く、話題の中心がいつも自分でないと気が済まない性格ゆえに否定の言葉を口にしてしまいます。

自分の言動を振り返ってみて、そんな振る舞いをしていないか確認してみましょう。

自分の価値観を他人に押し付ける

フランクな人付き合いができない人は、周囲に上手く馴染めず浮いてしまいます。これは特に真面目な性格の人にありがちな特徴です。

真面目であるのはもちろん良いことなのですが、それを他人に押し付けることがないよう注意しなければいけません。価値観は人それぞれ異なります。無理に押し付けると距離を置かれる原因になってしまいます。

孤立しないためには

「周りから距離を置かれている気がする」と感じた場合、どのように対処すればいいのでしょうか? 良好な人間関係を築くために効果的な対処法についてご紹介します。

自分から積極的に話しかける

どの場面においても、コミュニケーションは人間関係の基本となります。何事も言葉にしなければ相手には伝わりませんよね。

コミュニケーションを怠ると、どこかで誤解が生じ、関係に亀裂が入ってしまうことに。自ら積極的にコミュニケーションを取るように努めましょう。挨拶や返事はもちろん、仕事の話や雑談も非常に大切なコミュニケーションです。

また、誰かと話す時は相手の目を見て話すことが大切。会話の際の態度はコミュニケーションに対する姿勢を浮き彫りにします。

悪口を言わない

悪口を言わない

他人の悪口を言う人は、周囲を不快な気分にさせます。さらにその悪口のせいで自分の価値まで下げてしまうので気を付けなければいけません。

悪口を言っていることが本人にバレた場合、自分の立場を失う可能性も大いにありますよ。

困っている人がいたら助ける

困っている人を見かけたら、自分にできることを探してフォローするようにしましょう。普段からそのような姿勢でいれば、自分が困っている時にも誰かが必ず手を差し伸べてくれます。

また、周囲が受ける印象も良くなり、信頼を得ることにもつながります。

自分本位な行動ではなく、周りをしっかり観察して行動できる人間になれるよう努めましょう。

おわりに

人間関係で孤立してしまう理由は様々です。今回ご紹介した特徴に当てはまる人は、日々の行動を振り返り改善していきましょう。

「別に孤立しても平気」という考えの人もいるかもしれませんが、それは周囲に迷惑をかけている結果という可能性もあります。常に自分の行いを省みる姿勢が大切ですよ。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む