マジ惚れです…彼が「失いたくない!」と思う彼女の特徴8つ

大好きな彼とはこの先もずっと一緒にいたいですよね。いずれは結婚したいと思っていても、相手も同じ気持ちでなければその願いは叶いません。

そこで今回は、男性が思わず「失いたくない」と感じる彼女の特徴をご紹介します。

いつまでも一緒に……失いたくない彼女の特徴とは

大好きな彼から「一生手放したくない!」と思われるような女性とは一体どんな人なのでしょうか。

一緒にいると楽しい

一緒にいると楽しい

付き合ってから相手の本質を知ることもあるでしょう。友達だった時は楽しくても、いざ付き合うと「なんか違う……」と思ってしまうのはよくあること。

一緒にいても楽しくなければ長く付き合うのは難しいものです。積極的に話題を集めるなど彼との時間を楽しく過ごせるような努力も必要かもしれません。

信用してくれる

誰でも自分のことを信用してくれる人には心を許すものです。自分が愛情を与えても同じように返ってこなければ「信頼関係が築けない」と思われてしまいます。

彼の特別な存在になりたければ、彼のことを知り、受け入れることから始めましょう。

自立している

金銭的に自立していることも大切ですが、女性に精神的な自立を望む男性は多いです。

恋愛体質の女性は相手に依存しがち。男性は頼られることは嬉しくても、それが過度の依存となると途端に「重い女」になってしまい、良好な関係性とは言い難いでしょう。

彼を精神的に疲れさせないためにも、自立できるように趣味を見つけるなどして依存体質から抜け出しましょう。

価値観が似ている

価値観の違う人と一緒にいると、新しい発見も多いでしょうが、やはりどうしても意見が合わずにケンカが増える可能性も……。

ケンカばかりの関係では疲れてしまい、一緒にいるのも億劫に感じてしまいます。

たとえ価値観が違っても、否定ばかりせずに相手を理解できる広い心が必要でしょう。

周囲から慕われている

周囲から慕われている

皆に慕われている女性が彼女だと、「自分にはもったいない」という思いから、自然と「大切にしなくちゃ」という気持ちになります。

また、家族仲の良い彼女も結婚後のイメージがしやすいので、将来を考える相手として大切にされるでしょう。

失敗をフォローしてくれる

彼がなにか失敗してしまった時にどんな対応をしていますか? 大笑いしたり怒ったりしていると、男性の心は離れてしまうかもしれません。

彼の失敗も笑顔でフォローする彼女であれば、感謝の気持ちとともに「ずっと大切にしよう」という気持ちも湧いてくるはず。

料理上手

胃袋を掴めれば彼に「結婚」を意識してもらえます。失いたくない彼女になるためにも、料理教室に通うなどしてどんどん腕を磨きましょう。

いつも笑顔

笑顔を絶やさない女性は男性から人気があります。その笑顔を見るだけで元気になれるので、「これからも一緒にいたい」と思ってもらえるのです。

常に穏やかな笑顔でいられるよう心の余裕を持ちましょう。

こんな彼女は失ってもいい!? 一緒にいたくない女性

愛情表現を求めてくる

彼にすぐ「私のこと好き?」などと聞いていませんか?

最初のうちは「かわいいな」と思える行動でも、何度も繰り返されるとウンザリしてしまいます。「こんなに聞いてくるってことは信用していないんだな」と判断される可能性もあるので気を付けましょう。

わがまま

少しくらいのわがままなら「頼られている」と男性も嬉しくなりますが、わがままだらけの彼女では「自己中心的」と捉えられて一緒にいるのが苦痛になってしまいます。

ドタキャンが多い、思い通りにならないと怒るなどのわがままな振る舞いはやめましょう。

気分屋

気分屋

一生を共にするなら「落ち着いた大人の女性が良い」と考える男性は多いでしょう。

さっきまで笑顔だったのに急に怒っている、機嫌がいい時と悪い時の差が激しいなど、気分屋で子どものような性格の女性は一緒にいると疲れてしまいます。

彼を癒せるよう、精神的に大人な女性を目指しましょう。

ネガティブ

マイナス思考の人と一緒にいると自分までネガティブな気持ちになりませんか? 話題を振っても「でも……」「だって……」と否定的な返答ばかり。それでは「話しかけたくない」と思われても仕方ありません。

長い時間一緒に過ごす彼女であればなおさら、前向きな女性の方が男性もポジティブでいられます。彼に「失いたくない!」と思わせるためには常にポジティブ思考を心掛けましょう。

おわりに

大好きな彼と一生一緒に過ごすためには、彼から信頼され、癒やしを与えられるような、彼にとっての手放したくない女性でなくてはいけません。

今回の記事を参考に、自分の性格や振る舞いを振り返り、素敵な女性になれるよう努力できるところから改善していってくださいね。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む