非モテまっしぐら! 女性が頭を抱える男性の困った「思い込み」3つ

男性は気になる人ができると、少しでもその女性に近づきたいと思うものですよね。そのためには相手にも自分を好きになってもらおうと、さまざまな努力を怠りません。しかし、悲しいことに男性は良かれと思っているけれど、女性にとっては嬉しくない行動が存在します。今回は、男性の困った思い込みについていくつかご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

平均ほどあてにならないものはない

平均ほどあてにならないものはない

男性は好きな女性にアプローチするときに、どんなものを参考にしていますか? 多くの場合が、恋愛マニュアル本やテレビ・動画などのモテる男性になる方法を気にかけているのではないでしょうか? これらは恋愛の体験談などを平均して伝えているものですので、悩める男性に対して役に立ってくれることでしょう。

ところが、これには大きな落とし穴があります。それは、女性が喜ぶ接し方の平均的な方法を教えているにすぎないということです。平均とは、あくまでも対象となった女性たちの中で得られたデータを女性の数で割ったケースを例として挙げることになります。

しかし、本やメディアに取り上げられた女性たちは日本(世界)全体のうちのごく一部であるのに加え、極端なデータが紛れている場合は、平均値に大きな影響を与えてしまうこともあり得ます。

そのため、平均がすべてだと考え込むのは危険です。もし、どうしても何かを参考にしたいということであれば、平均値ではなくて中央値を見てみましょう。

中央値とは得られたデータを小さい順から並べたときに、中央に位置する数値のことを言います。中央値は極端なデータに左右されにくいとされていますので、より現実的な傾向が分かるはずです。

ただ、中央値もデータの種類などによっては鵜呑みにするのは考え物なので、ほどほどに捉えておいてくださいね。

参考URL

男性の困った思い込みベスト3を発表 !

男性の困った思い込みベスト3を発表 !

それでは、中でも男性がしがちな困った思い込みについて具体的にお伝えしましょう。思い込みをしているときはどうしても主観的になってしまうので、本人としては気づきにくい可能性があります。

しかし、以下のような事柄を頭の片隅にとどめておくことで、いざというときにより良いストッパーとして働いてくれるかもしれませんよ。

一方的なリーダーシップ

「女性は優柔不断な男性が嫌い」「リーダーシップを発揮しながら引っ張ってくれる人が好み」という理想の男性像は、さまざまな場所で語られることが多いですよね。

確かに、良い意味でのリーダーシップを持つ男性は魅力的です。しかし、本来の恋愛におけるリーダーシップとは、女性の話や希望をよく聞き、相手の望んでいることを理解したうえで導いてくれるものだと言っても良いでしょう。

ところが、リーダーシップとは男性がすべてを決めて引っ張って行くものだと困った思い込みをしている人が多くいます。例えば、デートの場所はすべて男性主導でなくてはならない。何かを計画するときは、1から10まで男性は女性を引っ張っていく必要があるなどと考えているのです。

ただ残念なことに、このような一方的なリーダーシップは女性に好まれません。女性は、まずは自分の意見を聞き、尊重したうえで物事を進めてほしいと思っているのです。

頭をなでなでする

頭を男性から撫でられると、女性は守ってもらっているようで嬉しくなるという困った勘違いしている人はいませんか? 実は女性にとって頭をなでなでされることは、そんなに好ましいことではありません。なぜなら、女性にとって頭(髪)は大切なものの一部だからです。

女性は、ヘアセットに時間をかける人が多いもの。髪型がきまれば、1日中気分が上がるなんてこともあるぐらいです。それなのに、頭をなでなでされると少なからず髪が乱れてしまい、せっかくの努力も水の泡になってしまいます。

また、大切な部分だからこそ、気安く触られたくないという気持ちを併せ持っていることもしばしば……。

それゆえに、男性も女性が何かをやり遂げて嬉しく思っているときなどに限定して、なでなでは控えめに行いましょう。

女性が心地悪い質問ばかりする

女性が心地悪い質問ばかりする

「モテるには、女性に質問することが大事です。質問することで、あなたに関心を持っていますよと示すことができるから。」というアドバイスをよく見たり、聞いたりすることがあるかもしれません。確かに、男性が質問をすることで女性との会話が弾む可能性はあります。

しかし…… です! 質問には幅広い種類が存在します。つまり、相手が自由に答えやすいオープンな質問や、イエスかノーでしか答えにくい質問もあるのです。そのため、質問の種類をはき違えると、女性には嫌な感情しか残りません。

例えば、一問一答の質問などは代表的なものだと言えます。質問さえしておけばOKという思い込みは、ぜひ避けてくださいね。

Written by misudu

misuduの他の記事を読む