もらうなら「老後1億円」?「今1,000万円」? 女性高生ら79.5%が選んだのは…

業務用ゲーム事業などを行うフリューはこのほど、「敬老の日に関する意識調査」の結果を公表した。調査は同社が運営するサイト「ピクトリンク」会員の女子高生と女子大生を対象に、7月19日~8月2日にかけて行われた。サンプル数は695件。

○理想のおばあちゃん1位はあの人

将来はどんなおばあちゃんになりたいかを尋ねると、「かわいい」おばあちゃんになりたい人が71.7%、「かっこいい」おばあちゃんになりたい人が28.3%だった。「かわいい」を選んだ人に理由を尋ねると、高校生の44.4%、大学生の43.2%が「かわいい方が好き」と答え、「周りから愛されたい」(高校生16.3%、大学生17.5%)、「女子だから」(高校生7.2%、大学生6.7%)との回答が続いた。

「かっこいい」を選んだ人の理由では、高校生の39.9%、大学生の42.7%が「かっこいい方が好き」と答え、「周りに好かれたい」(高校生16.9%、大学生17.5%)、「かわいいのは嫌」(高校生15.7%、大学生14.7%)との回答が続いている。

理想のおばあちゃんを芸能人に例えてもらったところ、「かわいいおばあちゃんになりたい」と回答した人の中で最も多かったのは「樹木希林」で5.1%だった。後に「中村玉緒」(3.9%)、「八千草薫」(3.3%)が続く。「かっこいいおばあちゃんになりたい」と回答した人でも1位は「樹木希林」で14.7%となっている。2位は「夏木マリ」(13.7%)、3位は「泉ピン子」(7.4%)となった。

○祖父母との連絡手段は「実際に会う」が最多

祖父母に連絡をするタイミングを聞くと、69.6%が「特に決まった日はない」と回答した。祖父母と連絡を取る頻度は「ほぼ毎日」が最も多く、高校生49.0%、大学生・短大生31.4%となった。

祖父母との連絡手段については、全体の75.9%が「実際に会う」と回答している。次に多いのは「電話」の45.3%だった。定期的に祖父母と一緒にすることを尋ねると53.4%が「食事」と回答しており、「電話のやり取り」(18.6%)、「お手伝い」(15.2%)が続いている。

○今1,000万円もらいたい人が79.5%

究極の選択として、もらうなら「老後1億円」と「今1,000万円」のどちらを選ぶか尋ねたところ、「今1,000万円」の回答が79.5%だった。理由には「今を楽しみたい華のJKだから」(高校2年生)、「老後は使い道がない」(大学2年生)などが挙げられた。「老後1億円」を選んだ人からは、「年金がもらえるか、不安だから」(高校3年生)や「今は働けるから」(高校2年生)などの声が寄せられている。

マイナビニュースの他の記事を読む

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…