幸せになりやすいのはこんな人! 幸運を引き寄せる習慣と行動6つ

いつも「ツイている」人っていますよね。幸運をつかむ人がしている習慣や行動には、実は共通点があります。

幸運をつかむためには、幸運をつかむ人がしている習慣や行動を真似することがおすすめです! そこで今回は、幸運をつかむ人の特徴と、ぜひ真似したい習慣や行動についてご紹介します。

幸運をつかむ人の特徴5つ

明るい性格

明るい性格

幸運をつかむ人には、性格の明るい人が多いです。明るく、笑顔の多い人は、周囲に「壁」を感じさせません。親しみやすさを感じさせる人のところには、たくさんの人が集まってきます。

幸せをつかむには、人と人とのつながりが大切です。人が集まるところには自然と縁が集まり、楽しいことやラッキーなことが起こりやすくなります。

思いやりがある

幸せをつかむ人は、周囲への思いやりや感謝する気持ちを忘れません。特に、感謝の気持ちを持てる人は、自己肯定感や幸福度が高いと言われます。

このような人は、心が健康なのでいい意味で楽観的。日常のあらゆることに満足することができるので、幸運をつかむことができます。

自分に正直

幸運をつかむ人は、自分に正直です。楽しいときは思い切り笑い、つらいときには無理せず、落ち込んだり泣いたりして気持ちを吐き出します。

このように、自分の気持ちに素直に向き合うことができるので、納得して人生を歩むことができます。このことが自己肯定感につながり、幸福度を高めます。

過去にとらわれない

幸運をつかむ人は、「今」を生きています。過去に素晴らしい実績があったとしてもそれにすがらず、失敗をいつまでも引きずることもしません。

そのため、目の前のことに全力で取り組むことができ、いつもやりがいを感じることができます。

未来のビジョンがある

幸せをつかむ人は、未来に向けた理想のビジョンを持っています。そこを目指すために何が必要か、何をすべきかが明らかなので、将来不利になるような突拍子もない行動をすることはありません。

逆に、理想の未来を描けない人は、行動が衝動的になりがちです。目標がわからないため投げやりになり、やることなすことが空回りするため、幸福度が低くなってしまうんですね。

真似したい! 幸運をつかむ人の習慣と行動

感謝を忘れない

感謝を忘れない

人は一人では生きていけません。生まれるときだって、突然地上に人の形が現れて動き出すわけではないですよね。必ず、誰かにお世話にならなければ、成長することはできないのです。ですから、「今の自分があるのは周りの人のおかげ」と、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

このように謙虚でいると、周りを見る余裕も生まれてきます。あらゆることに気付けるようになると、日常に幸せを見つけやすくなります。

努力する

幸運をつかむ人は、努力家であることが多いです。よく「あの人っていつもツイてるよね」と言われる人がいますが、なぜツイているのかというと、それまでの努力が縁を引き寄せているからです。

幸運は、偶然ではなく、努力から生まれるものです。努力をする人のことは、必ず誰かが見ています。また、努力していることが地味であっても、小さな結果が自分の力となって蓄積され、何らかの結果を残しています。

これらことが「種」となり、いつしか「花」となって咲いたときに幸運をつかむことができます。努力で数多くの種をまくことは、幸せの花を多く咲かせるためのチャンスになります。

人のせいにしない

人生は、自分が主役になってこそ楽しめるもの。ですから、決断は自分ですることが当たり前だし、現状は今までの自分が作り上げてきたものだと理解することが大切です。

「ちっとも幸せじゃない!」と文句を言っている人は、多くの場合、何ごとも他人任せにしています。これでは、自分の人生ではなく、他人の人生。楽しいはずがありません。

他人に責任を押し付けて生きることは簡単です。しかし、それではいつまでも幸せにはなれません。自分が手綱を握って人生を操作する! と腹をくくりましょう。

他人と比べない

幸せをつかむ人は、いい意味でマイペースです。幸せをつかむためには、他人に目を向けるよりも、自分自身に目を向けるべきだとわかっているからです。

あるとき「あの人に勝てた!」と思っても、世の中、上には上がいるもので、また新たなライバルが出現してきます。他人と競うことで得られる優越感では、自分の内面はちっとも成長せず、幸せにもなれません。

小さなコミュニティの中で競い合うよりも、大海原を一人で乗り越えていけるように、自分自身に力をつけることの方が大切です。

後回しにしない

幸運をつかむ人は、目の前の用事をすぐに済ませてしまいます。用事を後回しにすると、いつまでも「やらなきゃ」と強迫観念にかられ、気持ちが落ち着きません。それどころか、時間が経つと忘れてしまい、信頼をなくしてしまうこともあります。

早く用事を済ませると、すぐに手が空くので、他のことをする余裕が生まれます。新たなチャンスが舞い込みやすくなるので、幸せを手にする機会も自然に増えますよ。

夢中になれるものを見つける

幸運をつかむ人には、夢中になれる何かがあります。、好きなことに没頭する時間は、最高の気分転換になり、幸福度を高めてくれます。

ですから、幸運をつかみたいと思うなら、好きなことに没頭する時間を作りましょう。もしそれが見つからない場合は、食べること、お風呂に入ることなど、自分が「心地いい」と感じられるものをゆっくり楽しんでください。

リラックスする時間を大切にすると次第に心に余裕ができ、穏やかに過ごせるようになります。鬱々とした毎日も、気持ちが明るく前向きになり、幸運をつかみやすくなるでしょう。

幸運をつかむ人になろう!

幸運をつかむ人になろう!

幸運をつかむ人は、その人にだけ幸運が他人より多くやってきているわけではありません。幸運をつかむ人自身が日頃から「幸せ」とか「幸運だ」と感じる瞬間が多いだけなのです。

自分の習慣や行動次第で、「幸運をつかむ人」になることはできます! 日々不満を抱え、不安にかられて生きている人は、ぜひ幸運をつかむ人の習慣や行動を真似してみてくださいね。

Written by さあや

さあやの他の記事を読む