初対面とは思えない…運命の人の特徴5つと見極めるコツ

運命の人とは赤い糸で結ばれていると良く耳にしますが、誰しも一度は運命の人との出会いに憧れたことがあるのではないでしょうか? そこで今回は運命の人の特徴と、本当に運命の人なのか見極めるコツを紹介します。運命の人との出会いに備えて、ぜひチェックしてみてくださいね。

私の運命の人はどんな人?運命の人の特徴とは

意外と近くにいる? 運命の人かどうか判断する15のチェックポイント

運命の人には出会ったとき、直感でこの人だと感じる人が多いようです。そこでここでは、運命の人によく見られる特徴を紹介します。もし、当てはまる人がいたら、それはあなたの運命の人かもしれません。

初対面なのに懐かしさを感じる

初めて会ったはずなのに、なぜか以前にも会ったことのあるような既視感を感じる相手はいませんか? 普通であれば、初対面の相手に懐かしさを感じることはほぼありません。

もし、そんな相手がいたのなら、それはあなたの運命の相手かもしれません。焦らず相手のことを知ってみてくださいね。

沈黙でも気にならない

一緒にいるのに会話が無くても気にならない相手は、もしかしたら運命の人かもしれません。多くの場合、2人きりのときに沈黙すると気まずさを感じるため、頑張って会話を続けようと努力するものです。

会話が途切れても気にならない、沈黙でも居心地の良さを感じるなど、2人でいるときにリラックスできる相手は非常に貴重な存在です。

雰囲気が似ている

おしどり夫婦と呼ばれるような夫婦仲の良い人達は、なぜか醸し出している雰囲気が同じだと思いませんか? 運命の人は、自分の雰囲気の似ている人が多いと言われています。自分では違うと思っても、周りから見ると似たもの同士だと思われていることも少なくないようです。

一緒に過ごす中で雰囲気が似てくることもあるようなので、もし周りから「最近2人の雰囲気が似てきた」なんて言われたら、その相手は運命の相手かもしれません。

一緒にいる未来が想像できる

「好き」「付き合いたい」と思う人はいても、「ずっと一緒にいたい」「結婚したい」と思える人って意外といないものです。しかし、運命の人とは出会ったばかりであっても、不思議とその人と一緒にいる未来を想像できるのだそうです。

楽しい結婚生活はもちろんおじいちゃんおばあちゃんになってからも仲良く過ごしているポジティブなイメージが浮かぶ相手は、運命の人である可能性が高いです。

相手に幸せになってほしいと感じる

誰よりも幸せになって欲しいと感じる相手と出会ったのなら、それは運命の相手かもしれません。自分のことばかり優先して大事にしてくれない人の幸せを願うことってできませんよね。

つまり、相手に幸せになってほしいと感じるということは、それだけ相手もあなたに対し心を尽くしてくれている証拠なのです。「いつも笑っていてほしい」「辛い姿は見たくない」など、相手の幸せを願うのは愛しているからこそです。

そんな風に思える相手と出会えることは、長い人生の中でも数えるほどです。もし、そのような相手に出会えたときは、その出会いを大切にしてくださいね。

本当に私の運命の人? 見極めるコツとは

相手に幸せになってほしいと感じる

運命の人だと思っていたのに、実は違ったなんてことのないように、ここでは見極めるコツを紹介します。

相手の看病を苦に感じないか

一緒に過ごしている中で、彼が怪我や病気をすることもあるでしょう。そんなとき、あなたは彼の看病を嫌がらずに積極的に行うことができるか、想像してみてください。

反対に、自分が怪我や病気をしたときに、相手が看病してくれるか想像してみるのも良いでしょう。本当に運命の人なら、何かが起きても一生懸命に対応しようと努力するはずです。

もし、相手に優しくできない、もしくは相手の優しさが想像できない場合は、それは運命の人ではないかもしれません。

相手のカッコ悪い姿に失望しないか

完璧な人間など存在しないように、どんな人にも得意なことがあれば苦手なこともあるはずです。好きな相手にも、人には見せられないようなカッコ悪い部分があるでしょう。

そんな相手のダメな姿に失望しないかどうかも運命の相手を見極めるポイントの1つです。相手のカッコ悪い姿を受け入れられないようでは、それは運命の人とは言えません。

尊敬できる相手か

運命の人には、考え方や言動に「ここが凄い」と思えるような尊敬できる部分があるものです。周囲の人に対する態度や物事に対する考え方など、尊敬できるかどうかは普段の彼を観察していればわかるはずです。1人の人間として尊敬できる相手でない場合は、運命の人ではない可能性が高いです。

おわりに

尊敬できる相手か

ここまで運命の人の特徴と見極めるコツを紹介しました。運命の人は出会ったときに、直感的に「この人だ」と感じることもあれば、一緒に過ごしていく中で確信する人もいるようです。

しかし、どちらにしても共通するのは、一緒にいて苦にならない、リラックスできるなど相手の存在を自然と受け入れられるということのようです。もし、あなたの身近にそんな人がいたならば、それは運命の人かもしれません。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む