殿方をドン引きさせる、自己満足なバレンタインギフトとは?

もうすぐ聖バレンタインデーですね! 男性へのプレゼントを検討中の女性も多いでしょう。相手への気持ちが伝われば、細かいことは気にする必要はないと思いますが、相手への気持ちが暴走しすぎて、自己満足なプレゼントになってしまわぬよう、気を付けたいものです。

接点のない男性への手作り・高額チョコ

バレンタインを機に、違う部署の男性社員や、行きつけのお店の店員さんなど、ほとんど接点がない相手とお近付きになりたいと目論んでいる皆さん! 渡すこと自体はノープロブレムですが、渡す「ブツ」には注意が必要です。言うまでもなく、手作りは絶対NG! 仮にあなたが、一流ショコラティエ並みの製菓技術を持ち合わせていようとも、そのスキルは彼との距離がもうちょい縮まるまで封印しておきましょう。

某・女流作家さんの、ケチャップで「好き」と書かれたオムライスを差し入れしてくる男性と結婚まで至ったというエピソードは有名ですが、これはあくまでもレアケース。一般人の感覚では、見ず知らずの人の手料理に対しては躊躇いを持つものです。

接点のない男性へ渡すなら、既製品にしておきましょう。メッセージを添える場合は、短文であることが絶対条件。「私の連絡先です」と、LINEのIDやメールアドレスだけで良いと思いますよ。長々と思いの丈を綴るのは逆効果です。

彼氏未満の男性への高額ギフト

「まだ彼氏じゃないけど、なんとなく良い雰囲気の男性」に贈る女性が、もっとも鼻息を荒くしているように見受けられます。あわよくば正式交際に繋げたい……という熱い思いのあまり、ついお金をかけ過ぎてしまう女性もいるでしょう。

チョコレートなら、ご自身の納得がいくまでお金をかけてもよろしいかと。なぜなら、チョコレートってだいたい何円くらいか、想像がつきにくいから! 男性側を、「ひぇー、こんなに高いものを貰ってしまったぞ……!」と、恐縮させる心配もありません。

しかし、チョコレート以外のプレゼントだと、品物によってはお値段の検討がついてしまいます。ブランドのロゴが入ったネクタイとか財布などがまさにそれ! チョコレート以外のプレゼントを贈りたいのなら、値段がわかりづらいものにしておきましょう。いや、お金をかけ過ぎなくてもよろしいかと……。お金をかけたからといって、正式交際に繋がるわけではないですからね。

メンズコスメや癒し系グッズへの反応は?

相手が誰であろうと、「女性目線のプレゼント」は、ちょっと考え物です。わかりやすい例を挙げるならヌイグルミ! 「俺にこのクマちゃんをどうしろと……?」と、困惑するでしょう。また、メンズコスメや癒し系グッズは、相手男性のタイプによっては全く使わない人も少なくないので、せっかく贈ってもタンスの肥やしになるケースも。サプライズもけっこうですが、事前にある程度相手の好みを確認しておくべきでしょう。

 

バレンタイン=女性向け商戦」のイメージが強いですが、主役はあくまでも贈られる側の男性たちです。プレゼントは、自分本位の選び方ではなく、受け取る相手の気持ちを考えてセレクトしましょう。


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…