「愛に距離は関係ない」はウソ?遠距離恋愛で冷めてしまう原因とは

学校や職場が変わるなど、様々な環境の変化で遠距離恋愛になる人は多いでしょう。またはアプリやSNSなどで出会ったり、旅先で出会ったり……と遠距離恋愛から始まる恋もありますよね。

そんな遠距離恋愛は、通常の恋愛よりも続けるのが難しいイメージがあります。その原因について、エピソードも踏まえながらご紹介します。

遠距離恋愛が冷める原因

全然会えない

全然会えない

いくらLINEや電話で頻繁にやり取りをしていても、直接会えていない期間が長くなるほど辛くなってしまいますよね。「この関係が続いていいのか?」と疑問に思ってくる人も多いでしょう。

「高校生の頃付き合った彼ですが、私の上京がきっかけで遠距離になりました。彼は医学生で勉強が忙しく会える期間は1年に1.2回と言われました。その状況に耐えられず私から別れを告げました。」(20代/女性/会社員)

恋人を信じられない

相手の行動が見えないので「相手が何をしているのか不安」「嘘をついているのでは疑ってしまう」という人も多いでしょう。実際に浮気が発覚してしまったなどあれば、もう相手との関係を続けることはできませんよね。

「遠距離恋愛をしていた元彼のことです。1カ月に一度は会うようにしていて、私が彼のところへ遊びに行ったら、次は彼が来てくれる……そんな状態が続いていました。時が経つにつれ、彼が『ごめん今月はいけない……』というようになり、なんか怪しいなと思うようになりました。私が彼の家に行くと、新しい小物が増えてたり、彼は言い訳をするけど怪しくて……結局彼が浮気をしていて別れました。」(20代/女性/販売)

忙しくて相手を優先できない

忙しくて相手を優先できない

仕事や勉強が忙しく、恋人よりも優先することがあると、恋人について考える暇がなくなりそのまま冷めてしまうことも……。「忙しいのに連絡してきて嫌だな……」と相手からの連絡が煩わしく感じるようになるでしょう。

「東京と大阪の遠距離をしていましたが、仕事に夢中になり彼女との連絡がおろそかになってしまいました。彼女から『私と仕事どっちが大事なの!?』とせめられ、結局別れてしまいました。」(30代/男性/会社員)

身近な相手が魅力的に見える

遠くにいる相手よりも、近くにいる人のほうがよく見えてしまうことはありますよね。日常的に会える分、他の相手のほうが気になってしまうでしょう。

「私は上京し、3年間付き合った彼は地元に残りました。彼ともマンネリ化していたのもありますが、大学で新しい人と出会いその人のほうが良く見えるようになってしまいました。彼に素直に『気になる人ができた」と言ったら『じゃあその人を超えれるように頑張る、一度会って話そう』と彼が会いに来てくれました。結局彼の熱意に私も心が戻り彼とはそのまま遠距離恋愛を続け、結婚しました。あの時彼が引きとめてくれたので続いたんだと思います。」(20代/女性/公務員)

相手との関係をもう一度見直してみて!

今恋人への気持ちが冷めている人は、一度相手との関係を見直してみる必要があります。

今は嫌なことばかりでマイナスに捉えてしまうかもしれませんが、恋人との思い出を振り返ったり、一度相手にきちんと気持ちを伝えてみてはどうでしょうか。

もしそれでも不安や不満が拭えない場合は、別れも一つの選択肢として考えてみてください。

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む