スタッフが教える鉄板の法則!「街コン」でモテる人には、実はこんな共通点が!!

回を増す度に“参加チケット”の事前売り切れが続出しているという、今人気の「街コン」。
その運営に携わる現場スタッフさんが密かに、「現場で仕事をしているうちに、モテる人の法則を発見した!」という衝撃の噂を聞きつけ、運営会社・インフィニットさんのお二人を直撃取材!! これまでにおよそ100回以上の「街コン」で当日運営をご担当しているというまさに“街コンマスター”にお話を伺って参りました。

「街コン」でモテるのってどんな人?

とにかくキーワードは“ギャップ”。もちろん、見た目の清潔感なども大切ですが、2:2や立食でガッツリ色々な人と話をすることができる「街コン」ならではの“中身PR”が成功の鍵となっているようです。

法則1:何があっても気遣いを忘れない!

人数が多い分、ちょっとした気遣いの有る無しがハッキリと相手に伝わってしまいます。大げさな気遣いが必要なのではありません。自分の席に異性が座る際には、すっと立って迎え入れる…のような小さな仕草が、後々までぐっと心を掴むみたいですよ。

法則2:食べ方にも個性が出るので要注意!

「街コン」にとっては、食事も楽しみの1つ。合コンのように、お酒をたくさん飲んで盛り上がるというよりも、美味しい料理をまた一緒に楽しみたいと思えるようなキレイな食べ方を心がけてみて。徹底したテーブルマナーが必要なのではありません。あくまで、最低限マイナスな印象を残さない食べ方ができれば好感度アップです。

法則3:異性だけでなく、同性とも気さくに話していると◎!

ちょっとしたすれ違いの時などに垣間見えるこの光景。「異性には気を使えるのに、同性にはこんな態度なの!?」なんて残念感を与えないよう、そういった小さな部分にも意識を行き渡らせておいてくださいね。

スタッフさん曰く…「やっぱり顔じゃないと思いますよ!」と。恋人に求める条件は人それぞれですが、「街コン」は内面を隈無くチェックすることのできる最高の機会ですので、お互いに細かな点も見られているということをどうかお忘れなく。

ここだけの話…実は…スタッフさんもモテてるって本当?

証言1:「開催終了後、電話番号のメモをいただいたことがあります。もちろん、その場で お断りしましたけど。」
参加者の皆さんに心地良い時間を過ごして欲しい…との一心でお仕事をした結果、なんと開催後にその接客に惚れたという人から声をかけられることもあるとか。 上記にあげた“モテる法則”は、現場スタッフさんにも適応されるんですね~。信憑性が増した気がします。

証言2:「開催した店舗の方からも、連絡先を尋ねられたことも…」
さらには、開催店舗の方から声をかけられたという裏話まで聞き出しちゃいました(笑)。笑顔の力は恐るべし! 確かに、アパレルや飲食のお店などでも、明るい接客を受けると「いい人だなぁ」って思うことありますもんね。

※上記の例はごく稀です。もちろん、スタッフの皆さんは丁重にお断りされているそうです。

いかがでしたか?
この法則はきっと、どんな状況においても相手に好印象を残すのに効果的なはず。自然体な笑顔がモテることが実証されましたので、参加者の皆さんは是非、緊張せずいつもの笑顔で会話を進めてみてください。

(取材・ライター/渡辺ゆき)

株式会社Infiniteの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…