バレンタインで本領発揮!社内の種まきガールちゃんから学ぶ義理チョコ配布方法

全員に配布が基本!
職場で思った以上に喜ばれる
義理チョコ配布方法。あなたは、一口のりますか?

なんで、義理チョコを毎年用意するの??

今年もバレンタインの季節がやってきました。
ここぞとばかりに、職場や学校で、
ラブリーにデコレートされたチョコレートを配りまくる女(種まきガールちゃん)を、
「毎年よくやるよなー。あの子。」と、長年、冷ややかな目で見ていました。

手作りのトリュフチョコやブラウニーで、
マカロン返しを期待しているのかと思いきや、
多くの種まきガールちゃんが、
「あげると喜ぶから」「義理でも欲しそうだから」
と、女神発言しているので、
こっちの方に、びっくりです。
なんだか、介護というか、奉仕の精神ですね。
うがった見方をしていて、ごめんなさい。

というわけで、
ここ数年は、種まきガールちゃんの指示のもと、
バレンタインにおける互助会システムを、職場に導入しました。
女子社員から、お金(1人2,000円くらい)を徴収し、
部署の男性全員に、チョコを渡す仕組みです。
もらえる数は減ってしまいますが、それなりの商品を、
部署全員に配れることがみそです。

毎年、話題のチョコレートをプレゼントするので、もらった方も、嬉しいみたい。
「あのチョコ人気なんだって?」
「妻が喜んだよ!」「娘が食べて美味しかったって言ってたよ。」
バレンタインの翌日以降も、会話が続くので、義理チョコ効果は、はんぱないです。

たかが、義理チョコ。されど、義理チョコ。
義理チョコに価値を見出すサラリーマンと、
チョコレート業界を裏でがっちり支えているのは、
社内の種まきガールちゃんのスピリットなんだなー!と、
強く思った今日この頃です。


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…