イイ男と恋愛&結婚するには!? イケメン座談会から分かった実態調査【第5回「エンジニア」イケメン編】

草食系&インドアなイメージのエンジニアイケメン。専門職ゆえ経済的な安定度から結婚向きとの噂が! 彼らが恋人や結婚相手にどんなことを望んでいるのか、徹底解剖します!

第5回「エンジニア」イケメン編
【左】新井昇鎬さん(28歳) 実名口コミグルメサイト「Retty」(http://retty.me/)エンジニア
身長:181cm 体重:70kg ひとり暮らし 趣味:ゴルフ、海外旅行 彼女:有

【左中】中村亮太さん(31歳) システムエンジニア
身長:177cm 体重:65kg 妻とふたり暮らし 趣味:スポーツ 既婚

【右中】佐藤研吾さん(26歳) アプリエンジニア
身長:179.5cm 体重65kg ひとり暮らし 趣味:ボルダリング、ポーカー 彼女:有

【右】大館卓実さん(29歳) システムエンジニア
身長:173cm 体重:64kg ひとり暮らし 趣味:掃除 彼女:なし


エンジニア男子はどこに出没する? どうやったら出会えるの?――今回はエンジニアのイケメンの皆さまにお集まりいただきました。大館さんを除き彼女や奥様がいらっしゃるとのことですが、みなさんどこで今のパートナーと出会ったのでしょうか。
中村亮太(以下中村、敬称略):奥さん、居酒屋のアルバイトをしていたんですよ。で、僕が一目惚れして、顔を覚えてもらえるまで通って、番号を渡したら連絡が来たっていう流れですね。

他3人:おーっ、積極的!
中村:そうなんです、アクティブです(笑)。
新井昇鎬(以下新井、敬称略):僕は、恋愛相談をし合っていた女友達が今の彼女です。ちょうどお互いに彼氏彼女がいないタイミングでご飯に行って、つき合うことになりました。
佐藤研吾(以下佐藤、敬称略):みなさんいろいろですね。僕は昔イベントスタッフのアルバイトをしていて、そこで仲良くなった友達に紹介してもらったんですよ。

――現在フリーの大館さんは、元カノとの出会いは?
大館卓実(以下大館、敬称略):えーっ、もう何年も前のことですからね…(苦笑)。確か、知人の紹介です。みんなが飲んでいる席に僕が行ったら元カノがいて、僕から連絡先の交換をお願いしました。


――エンジニアは草食系なイメージがあったのですが、みなさん好きな人ができたら自分からアプローチをするタイプですか?
新井、中村:基本、自分からアプローチしますね。
佐藤:僕は女性からアプローチされるのが怖いです(笑)。何か裏がありそうで…。
大館:裏がありそう? その発想、なかったです。
佐藤:すごい勢いで近寄って来られると、同じ勢いで離れたくなっちゃうんですよ。

大館:追えば逃げるってやつですね。でも僕は、むしろ女性から頼む! って感じです。どう思ってるのかわからないことが多いから、来てくれ! って思います。

インドア派が多いと思いきや、休日はアクティブな人も!――ちなみにエンジニアという職業はずっと椅子に座って仕事をすることが多いですよね。となると、パートナーとのデートはあまり外にはいかないのでしょうか。
中村:僕はインドアもアウトドアも、どちらのデートも好きですよ。今は妻が妊娠してるから外でご飯を食べる程度ですけど、前は年に何度か一緒に海外旅行に行ってました。休日ぐらいは外に出たいって気持ちはあるかもしれないですね。土日、家に仕事を持ち帰ってするとき、カフェのテラス席ですることもありますから。室内で仕事ばかりしてるから、サッカーをしてたのにこんな色白になっちゃいましたし(笑)。
大館:その色白で僕、困ってるんですよ。焼けると肌が赤くなって痛いから、日差しがある間はなるべく外に出たくないんです。僕もサッカーをしてるんですけど、極力試合はナイターに参加してますし。でも、女性はデートっていうと、昼間から外出したがるものですよね?

――外出したい女性、多いと思います。
大館:だから彼女ができないんですよね~(笑)。意見がバッティングしちゃう。
佐藤:バッティングしますよね~。僕は映画を観ることが好きなんで、休日もインドアで全然大丈夫なんですけど。で、僕が外に出たいときは彼女がそれを望んでいないっていう。
新井:僕は年2回ぐらい、1~2週間の長期休暇を取って海外旅行に行くのが好きなんですね。そういう大きなイベントが年に2回もあるんだから、土日は家でもいいのかなって思うんです。
佐藤:それ、わかります。僕も長期休暇をドカンと取って楽しんだら、あとはインドアでもいいんじゃないのかなって思います。

新井:でも、女性側ってそうは受け止めてくれないみたいなんですよね。海外旅行に2回も行ってるのに、「最近どこも行ってないよね」って言われたことがあるんですよ(笑)。
他3人:それすごくわかります!
新井:パックツアーじゃなくて自分でプランニングするんですけどね、僕。
中村:「僕、頑張ったよ! 出かけてるよ! 旅行で撮った写真の日付を見て!」って思いますよねぇ(笑)。

エンジニア男子は「料理上手」な女子に弱い?――(笑)。みなさんの好みのタイプをお伺いしてもいいですか。
中村:自分の妻がまさに理想の女性でした。具体的に言うと、料理上手な女性がいいです。自分も料理が好きでけっこうするんで、料理ができないと絶対に無理だなっていうのはありました。

――中村さんの料理レベルはどれぐらいですか?
中村:普通ですよ。クックパッドを見て一度作ったら、次からは自分なりに調味料を調節して味を整えていくレベルです。昨日は豚汁を作りました。自分ができるから相手もできないと、っていう高圧的な感じじゃなくて、やっぱり作ってくれた食事を食べたいじゃないですか。だから料理ができるのは絶対条件だったんです。
新井:美味しい食事を出してもらえると、早く家に帰りたくなりますしね。
佐藤:それはあると思います。僕は中村さんほどではないんですけど、普通に料理をするんで、相手にもできてほしいなって思いはありますね。
大館:僕はどっちでもいいかな…。僕も一切、料理はできませんけど。

――じゃあ、相手も料理ができなくて結婚したらどうするんですか?
大館:美味しくないご飯を毎日食べるんだったら、お金をかけてでも買ってきたり外食したほうがいいかなって思うんです。僕、昔、何でもアレンジする女性の料理を食べた経験があるんですよ。プロが考えたレシピどおりに作れば美味しくできあがるはずなのに、どうしてその調味料入れちゃうの? みたいな。

中村:あー、たまにいるいる(笑)。レシビにない材料まで入れてあったりとか。
大館:そうなんですよ。でも、アレンジしたい女性にこういうこと言うと、すごく怒られるんですね。だけど、レシピの材料にない余った漬物を「色が似てるから」「アクセントになるから」と入れられたことがあって、その味がまた強烈で(笑)。そりゃあ、美味しく作ってもらえるなら大歓迎ですよ。それが難しいなら、買ったり外食するのも仕方がないってことです。

――なるほど。では、仕事面で「ここだけは理解してほしい」という点はありますか?
中村:仕事が終わる時間が不規則っていうのは理解してくれないと、絶対に困ります。エンジニアって、終わる時間が読めない職業なんですよ。
佐藤:あと30分で終わるかなと思っていたのが、2~3時間かかることも珍しくないですよね。
大館:今日ここに集まった僕ら4人がベンチャー系企業に勤めてるからって理由もあると思うんですけど、1人に課されたタスクの量がある程度多いんですよね。だから、トラブったら残業になることなんて当たり前なんです。
新井:僕らの職業って、趣味と仕事の間のような職業じゃないですか?
他3人:それはありますね。
新井:だから家に帰ってベッドの上でパソコンを開いて作業したりもするんですね。端から見たら遊んでるように見えるかもしれないんですけど、仕事と趣味の中間の作業をしてるから、その間はできるだけ話しかけないでほしいっていうのはあります。
中村:あー、わかります、それ。
新井:ベッドに横たわりながらプログラミングしてることもありますからね。

――結婚生活の話が出たところで、みなさんの結婚観もお聞きしたいのですが。既婚者の中村さんは家事をご担当されていますか?
中村:休日と祝日は料理担当です。あと、お掃除担当です。
大館:彼女がいないから結婚生活を想像するのが難しいんですけど、掃除は自分が担当したいですね。家の中が汚れてるのが嫌なんですよ。汚れてたら文句言っちゃいそうなんで(笑)あと、洗濯も自分が担当したいですね。自分なりの干し方があるじゃないですか。
佐藤:厳しい、ハードルが高い(笑)。
新井:洗濯は僕、ハンガーで干したのをそのまま取り込んで着ちゃうような感じだから、それでもいいって言ってくれるならしますけど(笑)、料理は今でも一緒にしますよ。この前は彼女と一緒に明太子パスタを作りました。普段、一緒にいてもあまりしゃべるほうじゃないから、一緒に料理をするのがいいコミュニケーションになるんですよ。
大館:料理がコミュニケーションの一環! いい話聞きました。僕も彼女に明太子パスタ、作ってもらいたいです(笑)。
佐藤:(笑)。僕は結婚したら家事は効率性を重視したいです。例えば彼女が掃除をしている間に僕が食器を洗うとか、彼女が家事をしているなら、僕はゴミ捨てをするとか。

エンジニア男子とお付き合い&結婚すると、家電が長持ちするかもしれない――みなさん、家事は臨機応変に担当するということですね。最後に、エンジニアの男性とつき合う利点があれば教えて下さい。
新井:他の職業と比べると、マジメな人が多いと思いますよ。ちゃんとお金を稼いでくるし、飲み会がそれほど多いわけでもないですし。
佐藤:仕事と趣味の間のようなことを生業にしてるから、そこを許してもらえば堅実な人が多いかな、と。
中村:家電選びは任せておいてほしいですよね。というか、自分が好きな家電を買いたい。
大館:家電が壊れづらいっていうのも利点かもしれませんね。
佐藤:そうですね、自分で修理しちゃいますから。
大館:女の人って、家電を買ったら何もしなくても半永久的に使えるって考える人、多くないですか? でも、洗濯機を分解してゴミを取り除いたりすれば、寿命が延びるんですよ。だからエンジニアに手入れを任せれば、家電が長持ちします。
中村:それ、エンジニアならではじゃなくて大館さんの掃除好きが影響してるんじゃないですか?(笑) でも、生活が便利にはなると思いますよ。アンテナ張ってる人が多いから、新製品の情報にも詳しいんで。そのへんは任せてくれて大丈夫です!
――貴重なお話をありがとうございました!

編集部まとめ草食、インドアなどおとなしそうなイメージのあったエンジニアイケメンでしたが、実際はチャンスと思ったら行動したり、がっつりなアウトドアデートをしたりとメリハリのある恋愛スタイルを持っている人が多いよう。まじめで好印象なメンズが多く、出会えたら幸せな恋愛&結婚ができそうな予感が満載でした。急な仕事の呼び出しはそれなりにあるようなので、その時は大きな心で見守ろう。

1.まずは彼の得意分野で頼ると意識してもらえるかも

2.結婚後の家事分担には積極的。「効率よく&臨機応変に」助け合えそう

3.最新のトレンドや技術にアンテナを張っていたり、仕事と趣味を兼ねて勉強をしたり、自分の興味のある分野はとことん知りたがる!

(内埜さくら)


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…