愛される女が実践している「上手な甘え方」4つ

どんなにクールな男性でも、好きな女性から甘えられるとドキっとするもの。可愛らしく拗ねてみたり、ベタベタしながら猫なで声で名前を呼んでみたり…。

「でも、彼にウザイって思われたらどうしよう…」といった悩みを抱えている女性は少なくないはずです。

そこで今回は、オトコを虜にする「上手な甘え方」をこっそりご紹介します。

1:タイミング

「自分に余裕があるときに甘えてほしい」(30代半ば)

仕事で忙しいときや精神的に辛いときに甘えられても、正直「ウザイ」って思ってしまうとか。まずはタイミングをはかることが大切です。彼がイライラしたり、落ち込んだりしていないかよく見てくださいね。

2:スキンシップ

「恥ずかしそうに上目遣いで裾を引っ張られると、何でもOKしちゃいそうになる」(20代後半)

ちょっとあざとい気もしますが、男性は「上目遣い」や「困り顔」「うるうるの瞳」に弱いもの。洋服の裾をギュっと掴みながら、「ねぇねぇ…」と思いっきり甘えてみてはいかがですか? きっとあなたの要求なら何でも受け入れてもらえるくらい、彼をメロメロにできちゃうはずですよ。

3:言葉

「ケンカ後でも、涙目で『ごめんなさい…』って言われると、放っておけない」(30代前半)

「ありがとう」「ごめんね」など、素直な気持ちをサラっと口にできる女性は、やっぱり愛される傾向に。いつも強がりな女性は、ケンカ後くらい「やっぱり○○がいないとダメなの…」と可愛らしく甘えてみてください。早く仲直りできること間違いなしですよ。

4:隙(すき)

「ちょっと隙のある女性の方が、守ってあげたくなる」(30代半ば)

仕事をテキパキこなす上司が見せる酔った姿。元気な女性がチラッと見せる眠たそうな顔。男性はギャップとちょっと“隙”のある女性にドキっとするとか。甘え上手になるには、思わず支えてあげたくなるような“抜け”どころを用意しておいた方がいいのかもしれませんね。

今回のまとめ

いかがでしたか? 甘えるといっても、拗ねたり頼ったり相談を持ちかけたり…。彼を虜にするには、タイミングやスキンシップ、言葉に気をつける必要があるんです。ネガティブ発言や依存に注意しながら、あなたも上手に甘えてみてはいかがですか?

(取材協力)
20~30代独身・既婚男性


この記事どうだった?

2いいね!

2うーん…