彼が結婚相手にふさわしいか見極める方法【1/3】

「彼のことは好きだけど、結婚相手としてはどうなのかな」結婚を意識したとき、こう考える女性もいるのではないでしょうか。

彼が結婚相手にふさわしいか見極める方法【1/3】
男性からすれば傲慢に感じられるかもしれませんが、もし今の彼が一緒にいても幸せになれない相手であれば、やり直せる年齢なら人生を仕切り直したほうがいいとわたしは思います。もし、上記のような気持ちになった経験者は、以下をチェックしてみてください。

■彼といると他人に優しくなれる
このサイン、じつは交際初期にはっきりと表れています。お互いに愛情補給をしあえることで心が愛情で満たされ、満ちあふれた愛情を他者に惜しみなく分け与えることができるようになるものなのです。

心が常に穏やかで安定し、誰かの些細なミスに過剰反応するようなギスギスした気持ちが消えるなど、自分で自覚するほかにも、周囲から「顔つきが優しくなった」といわれることで自覚する人もいます。家は一番寛げる場所ですから、2人がこういった気持ちでいられることはとても重要ではないでしょうか。

もし、交際歴が長い人は、いまもこういった気持ちが自分の中に残っているかを確認してみてください。

■タイミングがあう
曖昧な見極め方かもしれませんが、既婚者に「どうしていまのパートナーと結婚したのか」と質問すると、よく出てくる言葉です。わたしは仕事で恋愛相談を受けていますが、「彼が結婚を決意してくれないから別れてしまったけれど、やっぱり復縁したい」という悩みを寄せられたこともあります。きっぱりと見切りをつけて、別のパートナーと結婚してしまうことも珍しくありません。

結婚は縁あって成立するもの。縁はタイミングにつながり、タイミングがあうと「この人といるとなぜだか心地いい」という感覚を味わえるものです。

■「結婚したい」のか「彼と結婚したい」のかを考える
女性が年齢的に焦り出すと、この事実が見えづらくなってしまうことはよくあることです。「彼でなければダメなのか」、それとも「結婚がしたい」のかを、もう一度考えてみることをオススメします。

自分の気持ちを客観視したいのであれば、箇条書きでいいので紙に書き出してみましょう。誰かに見せる必要がない箇条書きですから、「彼のここを好きだといったら人に非難されるかも」と思うようなことも書き出してみること。そして、その条件は彼「だけ」が備えていて、失いたくないものなのかを判断してみてください。

次回も「彼が結婚相手にふさわしいか見極める方法」をお伝えします。
(内埜さくら)

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…