「都合のいい彼女」になっていない? 彼から愛されていない3つのサイン

 せっかく恋人同士になれたのに、なぜか大切にされていない気がする……。そんな経験はあなたにもありませんか? 彼があなたを「本命の彼女」として見ているのか、「都合のいい彼女」としか見ていないのか、3つの見分け方をお伝えします。

■1.いつも連絡やデートの誘いが自分からになっている

 ふと気がつくとメールや電話はいつも自分からで、彼からは用事以外は特に連絡がないという人はいませんか? 自分から送ったメールに対して、毎回は返事が返ってこない人もいるかも知れません。仮に戻ってきても、とても事務的な内容で短いことも。

 彼からすれば、あなたからまた連絡が来るだろうからと、面倒くさがって放置しているのでしょう。やっぱり男性もそこまで好きな女性でない場合や付き合うメリットがない場合は、なるべく労力とお金を使いたがらないのが本音だったりします。

■2.デートはいつも彼の家でまったりと過ごす

 男性としてはすでに付き合っているあなたを追いかける必要がないので、なるべく必要以上のお金や労力を投資したくないことが考えられます。

 自分がそんな「都合がいい彼女」になっているか否かを知りたい場合は、外でおいしいものを食べたり、遊園地や小旅行に行ったりと、多少のお金と労力がかかるデートをリクエストしてみましょう。
 
 付き合っていれば当たり前の行為すら面倒な態度をとる人であれば、早めに対処し、自分を幸せにしてくれる人と出会いましょう。

■3.デートしても楽しい話題や笑いなど盛り上がらずに終わる       
 
 デートも付き合い始めは、盛り上がらずに終わってしまう場合があります。彼もあなたと付き合ってみようという気はあるものの、気分が高まらない時期かもしれません。もし、付き合い始めてから3カ月経っても二人がこのような状態であれば要注意です。

 仲がいいカップルというのは、同じ波長で盛り上がるものです。もちろん最初の数回はお互いに緊張していることもありますが、それが3カ月以上続くようであれば、あなた自身も無理して付き合っている可能性があります。幸せな二人の関係を築くということは同じような場面で笑ったり、一緒の時間を楽しんでこそ。自分が気を使わず、よりリラックスできる相手こそがあなたを幸せにするのです。

 自分が惚れたことで恋愛の主導権が相手に行き過ぎてしまうと幸せになれることはありません。居心地が悪い恋愛と思うのであれば早めに区切りをつけて、「愛される本命」を目指していきたいものです。

 後編では、さらに4つのサインをご紹介します(http://allabout.co.jp/gm/gc/221584/)。

【久野浩司の恋愛コラムガイド:久野 浩司】