妥協する? ますます遠のく?……結婚の焦りを解決するには

■あなたは、結婚に焦っている?

 20代後半になると、結婚に焦る人が少なくありません。焦れば焦るほど判断力が弱まり、人生の選択を間違える可能性があります。結婚に焦っている女性に向けて、幸せな未来をつかむための考え方を紹介します。

■「今の環境」は、自分が選択している

 今、独身の人は、どうして独身なのでしょうか?

・好きな人ができない? 片思い中?

 そうであるならば、「好きな人と結婚する」と「好きでもない人と結婚する」では、前者を選んでいることになります。

・モテないから?

 もしそうであれば、「自分らしさを大切にする」と「自分らしさを捨ててまでモテる努力をする」では、前者を選んでいる可能性が高いと言えます。

 このように、自分で今の環境を選んでいるのです。「どうして私は好きな人と幸せな結婚ができないの?」と悩む人は少なくありません。しかし、愛する人に愛されるというのは、奇跡に近いこと。それくらい、大変なことなんです。つまり、「結婚そのもの」よりも「奇跡」を選んでいる、ただそれだけのことです。

 それでは、これからあなたはどうしますか?

・何が何でも、誰でもいいから結婚する
・好きな人と結婚する

のどっちを選びますか? 何度も言いますが、今後の環境も、自分が選んでいくのです。

■焦るとますます結婚は遠のく

 もちろん、「結婚したい」「子供がほしい」と思うことは、素敵なことです。でも、「何歳までに、結婚しないと」という考えを持っていると自分を苦しめるし、焦ってガツガツした行動をとることで、魅力を損なうこともあります。それではモテなくなってしまい、悪循環です。

 女性には、子供を産める年齢があります。とはいえ、好きでもない人の子供を産めますか? 「それは難しい」と答えた人は、今後、好きな人と結婚することになったときに、その人と子供について話し合えばいいことです。今、焦ったところで答えは出ません。

 また、結婚するためにも、好きな人ができたときに、「この人と一緒にいると気持ちが安らぐな。幸せだな」と思ってもらわなくてはいけません。どんな人がそんなふうに思ってもらえると思いますか? そう思ってもらえるためにも、まずは自分が幸せになり、魅力を高める必要があるのです。

■結婚したら、幸せになれる?

 結婚を焦っている人は、「今、幸せではない」人が多いようです。そのため、「この寂しさを埋めるためにも結婚したい。結婚したら幸せになれる」と考えている人がいます。

 しかし、結婚している全ての人が幸せというわけではありません。結婚したからといって、どうにかなるものでもないのです。また、幸せとは「未来」になるものではなく、いつだって「今」なるものなんです。

 童話『青い鳥』をご存知ですか? チルチルとミチルが、幸せの青い鳥を探す旅に出ますが、結局見つからず家に帰ったら、ずっと飼っていた鳥がまさに青い鳥だったというお話です。

 現代は何かを手に入れていても、それを実感しないで「もっと大きな幸せを」と、ずっと幸せを追いかけ続けている人も多くいます。でも、いつだって目の前にある幸せに気づき、実感することで幸せになれるのです。

 あなたは今、健康ですか? ご両親は元気ですか? お友達はいますか? こういったネットの記事を読む時間があること、読める環境があることだって、実は幸せなことなんです。それに気づいていますか? それを幸せだと実感できていますか?

 それができていないと、未来にどんなに望んでいた幸せが訪れても、実感する間もなく、もっと!もっと!と次の幸せを追い続け、それが実現しないと、今度は不満をためるようになるでしょう。それでは、いつまでたっても幸せになれません。

 一つ一つの幸せを実感すると、人は優しい顔になります。心に余裕も出てきます。それがその人の魅力になります。結婚していなくても、今、幸せになることが大切なんです。

■結婚しても、しなくても幸せな女性になる!

 私たち女性は、「結婚して、子供を産み育てるのが女の幸せ」だと教えられてきました。実際は、結婚して子供がいても幸せでない人もいるし、一生独身で幸せな人もいます。家庭を持つ、恋人がいるといった幸せもあれば、自由、時間がたくさんあるなどの、一人という幸せもあります。一人だからこそ感じる孤独もあれば、家庭がある、恋人がいるときに感じる孤独もあります。「こうならなくては、幸せじゃない」なんて、一つもないんです。

 周りの目ばかりを気にして、結婚したいと思っている人もいます。人はわかりやすく、地位、職業、結婚、恋愛など、その人が何を持っているかで判断しやすいものですが、実はその人自体が楽しそうに過ごしていたら、「それは、それでアリなんだ」と思うものなんです。

 私も独身ですが、中学時代からの友達に「ひかりを見ていると、こういった幸せもあるんだなって思う」と言われたことがあります。なにを手に入れているかよりも、「自分のあり方」が大切。どんなときも、どんな状況であっても、「自分は幸せ」だと思っている人が幸せだし、幸せそうにしている人に対しては、人はとやかく言わないものです。もし言う人がいれば、それは自分の理想の枠に相手を入れたいだけで、愛情からではありません。そういった言葉はスルーしましょう。

 また、「縁」は人間の力ではどうすることもできません。出会いも縁ですが、結婚後に必ず子供を授かるとは限りません。それも縁です。今、独身の女性たちができることは、焦ることではなく、以下の二つです。

・今、自分ができることを精一杯やること
・今、幸せになること

 結婚する、しないに関わらず、幸せな女性になりましょう。

【ひかりの恋愛コラムガイド:ひかり 】

All Aboutの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…