仲は良いし、不満はないと言う彼氏が身体を求めてこないセックスレスの理由 3つ

今や、恋人同士もセックスレスになる時代。男性は草食化し、女性は社会進出を果たしてどんどん忙しくなる中、肌を合わせるスキンシップは減りつつあるようです。

でも、人間が色んな意味でどれほど「進化」しようと、野生の本能は失われません。DNAに種の保存の使命が刻み込まれている限り、性欲はなくならないのです。

そのため、セックスレスになるということは「したくない」「する気にならない」という意志が必ず存在しますあって当然の性欲が湧かない理由が、絶対にあるのです。

恋愛という枠をすでに越えている

付き合っている期間や同棲状態が何年も続いているなど、一緒にいる時間が長いと、胸がときめく瞬間は減ってしまいます。交際当初は彼女のブラジャーの紐がチラリと見えただけでもドキドキしていたのに、今では全裸で目の前にいても何とも思わない……という具合に「慣れきってしまっている」ことがセックスレスの理由になるのです。

ただ、熟年夫婦がお互いの肉体を求め合わないのと同じで、心底リラックスできて、彼女を追いかける必要性を感じなくなっているがゆえに、彼氏には性欲が湧かないだけ。はあります。

そのため、彼氏の本音は「しなくても彼女のことは大好き」でしょうね。

もちろん、こうした状態は決して悪いわけではなく、安定した関係が確立しているので、むしろ結婚などに繋がりやすいはず。ただ、刺激がなくなりすぎているのは確かですから、お互いに相手の本能をくすぐる工夫や努力は必要でしょう。

彼氏は元々、淡白なタイプだった

付き合い始めの頃は気付かなくても、それなりに関係が落ち着いたら、彼氏がそもそもセックスに対して淡白なタイプだとわかった……というパターンです。

毎日でも射精したい(射精できる)男性もいれば、たまに抜くくらいでOKという男性もいます。また、最近では、仕事の忙しさやストレスからEDになる例も少なくありません。

しかも、この場合、女性が努力したからといって、男性の性欲を増幅できるとは限らないのです。バイアグラなどの薬に頼るのも、セックスを無理強いするようで気分が良くありませんし、ある程度割り切ることが大事だといえます。

彼にも「できなくてゴメンね」という気持ちがあるはずなので、あまり責めたり、セックスをせがんだりはしない方がいいでしょう。

射精が可能なセックスは回数が少なくても、女性が我慢しすぎて欲求不満にならない工夫が大事。指や舌を使ってのオーラルセックスをカワイくお願いするとか、彼には彼女の性欲発散にお付き合いしてもらうと良いでしょう。

実は、性癖が合わない

これは、非常に悲しいのですが……彼女とセックスの好みが違っていて「どうもしっくりこない」と感じるがために、やる気が失せてしまうパターンです。

特に、ちょっと変わった性癖を持つ場合、交際相手とセックスパートナーを区別する人が少なくありません。しかも、彼氏には浮気の意識があまりなく、彼女のことは真剣に好きで、セックスパートナーとは割り切った付き合いをするため、三角関係の自覚がないようです。

彼は気遣っているつもりでも、女性には理解しがたい気持ちを抱いていそうです。

話し合いはしない方がいい

男性がセックスを避けている場合、真面目に話し合わない方が良いとする専門家がいます。

男性は女性が思う以上に繊細で、なぜしないのか?どうすればいいのか?を詰問されれば後ずさりしてしまうでしょう。また、たとえばEDの場合は、勃たないという恥をみずからさらすことになるのです。

それよりは、彼女がオンナとして周りから見られていて、隙あらば……と狙う男性もいるのだと暗に気付かせる方が良さそうです。彼が自分の都合だけで安穏としていられないと気づけば、それなりの行動に出るに違いありません。

沙木貴咲の他の記事を読む


この記事どうだった?

47いいね!

111うーん…