【レポート】初デートで沈黙になりづらい会話の振り方3つ

初デート当日、沈黙になるのが怖いという人は多いものです。今回は、そういう女性のために、初デートで沈黙になりづらい会話の振り方をお伝えします。

■会って即「今日、緊張しちゃってるかも……」と伝えておく

待ち合わせ場所で合流して、一緒に歩き始めてからでかまいません。相手に届く声量であれば必ずしも目を見ながら言う必要もないので、最初に「今日、緊張しちゃってるかも……」と伝えておきましょう。

初デートで沈黙が起こるのは、緊張が一因です。緊張しているのは、実は相手も同じ。自分からこう宣言しておくことで、彼も「自分だけじゃないんだ」と胸をなでおろすことができます。また、初デートで好印象を残すためには笑顔が大切だと言われていますが、緊張していると自分では笑っているつもりでも、顔が引きつってしまうことがあるはずです。ですが、最初に宣言しておくことで、たとえ笑顔が引きつってしまっても「緊張しているんだな」と受け止めてもらえるのです。

■途切れない会話の前提はYES、NOで答えられる質問は避けること

YES、NOで答えられる会話例が以下になります。

あなた「◯◯ってドラマ見た?」

彼「いや、見てない」

あなた「そっか……」

2人「……」

ここから挽回するためには、新たな話題を振らなければなりません。初デートで緊張しているうえに、次々に話題を振るのは困難を極めます。

事前に話したい内容をメモするといいと言われていますが、相手の前でメモを取り出すわけにはいきません。そして、緊張していたらメモの内容すら思い出せないこともあるはずです。ですから、話題を振る前にYESかNOで答えられるか否かを考えてみましょう。その間、沈黙が生まれてしまいますが、新たな話題を振るよりは挽回しやすい前向きな沈黙だととらえれば、気持ちが軽くなります。

■「最近はどんなことに興味があるの?」と聞いてみる

「最近はどんなことに興味があるの?」と質問してから、まずは自分から「私は最近、◯◯と◯◯が好きで……」などと、自分から情報を提供しましょう。

「どんなことに興味があるの」という質問は内容が曖昧で相手が答えづらいため、あえて自分から開示することで、彼が答えやすくなるのです。この場合は、2人の答えが違うほど会話が続きます。彼が興味があることで自分も共感できれば、話が盛り上がりやすくなり、次のデートプランに採用できる可能性も生まれます。

他にもまだありますが、今回はここまで。ちなみに、沈黙を避けたいのであれば、飲食店等での座る位置にも気を配りましょう。相手としっかり目を合わせる対面で座ると、より緊張を誘ってしまいます。90度の角度か横に並ぶ位置であまり見つめ合いすぎないほうが、初デートを楽しめますよ。

※写真と本文は関係ありません

○著者プロフィール

内埜さくら(うちの さくら)
恋愛コラムニスト。2,000人以上の人物取材の経験で磨かれた、鋭い洞察力が武器。著書は『恋がガンガンうまくいく魔法のフレーズ80』(講談社)。無料のメール恋愛相談は年間200人以上の男女が利用、リピーターも多い。相談を休止中の場合もあるので詳細はブログまで。恋愛コメンテーターとして『ZIP!』(日本テレビ)、『スッキリ!!』(日本テレビ)、『ばらいろダンディ』(MX-TV)などのテレビやラジオ、雑誌にも多数出演。

(内埜さくら)


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…