若い年下男子と恋愛するなら抑えておきたい! 新世代の価値観とは?

皆さん、若い世代の人と話をしていて、ジェネレーションギャップを感じた事ありませんか? 価値観が違うと言うか、そんな時って、もどかしささえ感じてしまう時ってありますよね。

恋愛においても、若い人達は、昔とは大きく違う価値観を持っています。女子が男子に思う「当たり前」も、今の世代の人達には当たり前ではなくなっているんです。

今回は、年下の彼と付き合うなら抑えておきたい、若い男子の恋愛においての価値観についてご紹介します。

スポーツカーからエコカー、むしろ車は不要

22歳/フリーター
「車を買うなら、軽自動車かエコカー。でも、今は車の必要性を感じない」

25歳/派遣社員
「昔は、スポーツカーとかが女性に人気だったんだろうけど、今は車がなくて当たり前。結婚とか、子供が生まれたりしたら必要だろうけど」

昔のモテル男子の条件に、「カッコいい車を持っている」と言うのがあったかと思います。女子も、そんな男子と交際するのが一種のステータスだったのでしょう。

それは、ちょっと古い考えなのかもしれませんね。

デートで割り勘は当たり前

20歳/大学生
「学生って事もあるけど、デートの時、割り勘は当たり前。彼女にしても、若い人は割り勘デートに男子も女子も抵抗ない人が多いと思います」

22歳/会社員
「デートの時、おごる事もあるけど、彼女がおごるってくれる事もある。同じ社会人なので、それが普通ですね」

デートの時、男子が女子におごるシステムは、当たり前じゃなくなってきているのでしょうか? 考え方によっては、お互い負担をかけないように、上手く付き合っているという捉え方もできますね。

結婚がゴールではない

25歳/フリーター(女子)
「今の時代、結婚が何も女子のゴールではないと思う。結婚はしたいけど、若い人は結婚に消極的な人が多い気がする」

24歳/建築業
「「子供は欲しいけど、結婚はしたくない」とか、「籍は入れたくない」とか。女子だけでなく、男子もそんな考えを持っている人が増えているような気がします。僕も、子供は欲しいけど、結婚はしたくないですね」

若い世代は、結婚に消極的なようですね。それだけ、女性の社会進出が強く根付いている証拠なのかもしれませんね。

まとめ

今の若い世代は、経済的に甘い思いをしていない人が多いのです。そんな世代の価値観は、「男子が―」とか、「女子が―」とか、そういった感じではなく、恋愛がお互いの負担にならないようにしているのかもしれませんね。

若い男子と付き合うなら、経済的にも、精神的にもお互いの負担にならないように上手に付き合うといいかもしれませんね。


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…