酔ってLINEをしてくる彼は、脈アリ?

女性もよくやってしまうことですが、酔っ払ってスマホをいじると、普段はできないことも勢いでしてしまうものです。日頃、当たり障りなく接している男性が急に夜遅くLINEをしてきたり、休日に電話をしてきたりする時、内容が何であれ、気にせずにはいられないはず。言葉で示されていること以外に、深い意志 があるんじゃないかと思ってしまいます。

相手が明らかに酔っているとわかる、あるいは「ひょっとして酔ってる?」と感じる時のLINEに、脈があるのかどうかを探ってみます。

その気がなければ、LINEなんかしない!

酔っていると思考が偏って、理性が失われがちになります。本音は出やすくなり、普段は抑制されている部分が思わず出てくるのです。アルコールが入ることで本性がむき出しになる人は多いですから、酔って素の部分があらわれると考えれば、何とも思わない人にLINEなんてしないでしょう。気になる相手と思うからこそ、連絡してしまうのです。

特に、酔っ払ってLINEをしてくる男性には、恥ずかしがり屋、あまのじゃくというタイプが多いようです。また、普段は好きな人と大胆に仲良くできない状況に置かれる男性も、お酒の力を借りがち。たとえば、好きな人が上司や先輩、仕事絡みでしか接点がない場合は、そもそも恋愛感情を介入させていいのかと迷い、強い自制心が働いてしまうので、アルコールの勢いがないと言えないことを伝えられないのでしょう。

いずれにしても、「脈アリ」と見て良いかと思います。

酔うと電話魔になるだけか、本当に気があるのかは、正しく見極めるべき!

基本的には「脈アリ」と判断するにせよ、相手の男性がお酒によって変な癖を露呈するタイプかどうかは、ちゃんと見極めておくべきです。酔うとやたらとLINEしたがるという悪癖を持つなら、何を送ってきても「脈ナシ」ですから。

深夜や休日に突然、意味ありげな言葉ばかり送ってきて、でも相手の真意がつかみきれない場合、後日で構いませんので、その男性と共通の友人や仕事仲間にそれとなく聞いてみましょう。もし、他の人にも同じようなLINEを送っていればアウト。恋の可能性はないと考えるべきです。また、自分だけに送っていて、お酒による悪癖もないとわかったら、「脈アリ」だといえます。


この記事どうだった?

15いいね!

17うーん…